エムケー電子株式会社により出願された特許

1 - 6 / 6


【目的】 本発明は、耳への負担を軽減しヘッドホン難聴になりにくくすること、周囲音を遮断せず安全に使用できることを目的としたイヤースピーカを提供するものである。
【構成】 音声信号を出力するスピーカ2R,2Lと、スピーカ2R,2Lを聴取者Pの耳穴から所定距離S離れた位置に装着するとからなり、聴取者Pに装着した際、スピーカ2R,2Lを聴取者Pの耳穴に指向するよう、スピーカ2R,2Lをヘッドバンド1に可動自在に取り付けたものである。 (もっと読む)


【課題】経本本来の意匠を守りながら、経本の広がりを極力抑えて携行し易いようにするとともに、出力される音声を聞き取り易いようにしたお経再生装置を提供する。
【解決手段】本体ケース1の内部に、経文の音声データが記憶されたメモリ9と、メモリ9に記憶された音声データを出力するスピーカ7とを備え、前面に音声データに対応する経本2と、スピーカ7に臨む音声窓4と、音声データの再生/停止を行う操作スイッチを備え、経本2を、片面に経文を記した1枚の刷り紙を経本折りし、経文を記していない面の一部を貼り合わせた状態で厚地の表紙の裏面に貼り付けて構成する。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、難聴者が気軽に家族や友人との会話を楽しむことができる音声聴取補助装置を提供することにある。
【解決手段】 任意の場所に設置し周囲の音声を集音するマイク3と、マイク3で集音した音声を変調して送信する送信機1と、送信機1からの信号を受信し音声信号に復調して再生する受信機2と、受信機2で受信した音声を出力するスピーカ5とを備え、スピーカ5を使用者の耳元に装着するためのヘッドフォン型としたものである。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、受信機をコンパクトな形態として使用者に装着可能にするとともに、受信機を装着した使用者にとって聞き取りやすい音声出力を可能とした音声伝達装置を提供することにある。
【解決手段】 音響機器Tからの音声信号を赤外線信号に変調して送信する送信機1と、送信機1からの赤外線信号を受信し音声信号に復調して音声再生する受信機2とからなる音声伝達装置であって、受信機2は、送信機1からの赤外線信号を受信する受光部6と、使用者の胸元近傍に装着するための装着部16と、使用者に向けて音声出力するスピーカ10とを備え、受信機2を装着部16により装着した姿勢で、受光部6を前面に配置するとともに、スピーカ10を上面に、且つ使用者側に傾斜させて配置した。 (もっと読む)


【課題】言葉が通じない相手同士ができるだけスムーズに、しかも正確に意志の疎通を図ることができる翻訳会話装置を提供する。
【解決手段】会話フレーズFが複数の言語で表現され、それぞれの会話フレーズFに選択番号Nを付けて表記されたテキストと、テキストに表記された会話フレーズFに対応する音声フレーズを記憶し、選択番号Nの入力と発声言語の選択を受け付けて、テキストに表記された会話フレーズFを翻訳して音声出力する音声出力ユニットとから構成される。テキストには、会話フレーズに関連するイラストIを表記し、音声出力ユニットでその会話フレーズに対応した音声フレーズを出力する際に、その音声フレーズに対応するイラストIを指差しながら出力したり、その音声フレーズに対して関連するイラストIを指差して返答してもらったりして会話を行う。 (もっと読む)


【課題】 本発明の課題は、複数の送信部を用いて広域の可聴エリアを確保でき、可聴エリアにある受信部では鮮明な音声再生がなされる音声伝達装置を提供することにある。
【解決手段】 音響機器Tからの音声信号を赤外線信号に変調して送信する送信装置1と、この送信装置1からの赤外線信号を受信し音声信号に復調して音声再生する受信装置2とからなる音声伝達装置であって、送信装置1は、電源ユニット3と変調ユニット4と赤外線発光ユニット5とを備え、赤外線発光ユニット5を変調ユニット4を中心に複数接続したものである。 (もっと読む)


1 - 6 / 6