株式会社大阪防水建設社により出願された特許

1 - 10 / 44


【目的】袋体の内圧が大きくなっても袋体端部からのグラウト材の漏出を防止する。
【構成】本発明に係る袋体固定具6を構成する狭着部材11及び狭着部材12は、筒状壁15,18及びそれらの一端の内側に設けられた底部16,19からなるとともに、該各底部に芯材挿通孔17,20をそれぞれ形成してあり、筒状壁15の壁断面には、該各筒状壁の材軸に沿ってボルト14が挿通されるボルト挿通孔26を形成してあるとともに、筒状壁18の壁断面には、該筒状壁の材軸に沿ってボルト14の先端がねじ込まれる雌ネジ孔21を形成してある。ボルト14は、狭着部材11及び狭着部材12を芯材2の材軸に沿って相対的に引き寄せるとともに、袋体3の端部周縁61を、狭着部材11と環状部材13の一端との間、及び環状部材13の他端と狭着部材12との間にそれぞれ狭着できるようになっている。 (もっと読む)


【課題】袋体の内圧が大きくなっても袋体端部からのグラウト材の漏出を防止する。
【解決手段】本発明に係る袋体固定具1は、芯材4が挿通され該芯材に固着される内スリーブ6と該内スリーブと同軸に配置され該内スリーブとの間に袋体2の端部周縁7が挿通される外スリーブ8とを備え、内スリーブ6は、芯材4に固着される内スリーブ本体9と、袋体2が配置された側にて内スリーブ本体9から径方向外方に延設された押圧保持部10とで構成してあり、押圧保持部10には、外スリーブ8の端部開口21が袋体2の端部周縁7を介して当接される当接面22を形成してある。袋体固定具1は、袋体2の配置側と反対の側にて内スリーブ本体9の外周面に着脱自在に取り付けられる移動制限部材23を備え、該移動制限部材には、外スリーブ8の端部開口24が袋体2の端部周縁7を介して当接される当接面25を形成してある。 (もっと読む)


【目的】袋体の内圧が大きくなっても袋体端部からのグラウト材の漏出を防止する。
【構成】本発明に係る袋体固定具6を構成する狭着部材11及び狭着部材12には芯材挿通孔27,20をそれぞれ形成してあり、狭着部材11にはボルト14が挿通されるボルト挿通孔26を形成してあるとともに、狭着部材12にはボルト14の先端がねじ込まれる雌ネジ孔21を形成してある。ボルト14は、狭着部材11及び狭着部材12を芯材2の材軸に沿って互いに引き寄せるとともに、袋体3の端部周縁61を、狭着部材11と環状部材13の一端との間、及び環状部材13の他端と狭着部材12との間にそれぞれ狭着できるようになっている。 (もっと読む)


【目的】袋体の内圧が大きくなっても袋体端部からのグラウト材の漏出を防止する。
【構成】本発明に係る地山補強用袋体41は、芯材2が挿通配置される袋本体3と該袋本体の各端に取り付けられた固定部材6a,6dとを備え、固定部材6aは、袋本体3の一端周縁13aが外周面に当接される袋側スリーブ14a及び該一端周縁が袋側スリーブ14aとの間に狭着されるかしめ部材15aからなり、袋側スリーブ14aの内周面には、芯材側スリーブ11aの一端に形成された雄ネジ12aに螺合される雌ネジ16aを形成してあるとともに、固定部材6dは、袋本体3の他端周縁13bが外周面に当接される袋側スリーブ14d及び該他端周縁が袋側スリーブ14dとの間に狭着されるかしめ部材15dからなる。地山補強用袋体41は、芯材側スリーブ11bの一端の外周面に形成された雄ネジ12bに螺合される移動制限部材17を備える。 (もっと読む)


【課題】伸縮機能を持つとともに耐薬品性に優れた既設管更生部材を実現する。
【解決手段】既設管の内面に沿って、螺旋状に巻回または、既設管の長手方向に設置されるとともに、隣接する既設管更生部材の幅方向側縁と嵌合することによって、既設管の内部に内管を形成するようになっており、伸縮部が備えられている既設管更生部材であって、当該伸縮部はポリオレフィン系樹脂で構成されている。 (もっと読む)


【課題】全長が長い場合であっても経済性を損なわずかつ作業性も維持する。
【解決手段】本発明に係る地山補強用グラウトパイプ1は、5本のパイプ本体2a〜2eとそれらを列状に相互接続する4つのジョイント部材4とを備える。ジョイント部材4は概ねスリーブ状をなし、一端に筒状凹部5を、他端に筒状凹部6を形成してあるとともに、該各筒状凹部の内面に雌ネジを切ってあり、パイプ本体2aの端部8に形成された雄ネジを筒状凹部5の雌ネジに、パイプ本体2bの端部8に形成された雄ネジを筒状凹部6の雌ネジにそれぞれ螺合することで、パイプ本体2a,2bを相互接続できるようになっている。ジョイント部材4には、筒状凹部5の底面から筒状凹部6の底面に抜ける貫通空間が、各端につながる連通路9として形成してあるとともに、該連通路の中空空間が外部に連通するように該連通路を取り囲む周壁11に吐出口12を設けてある。 (もっと読む)


【課題】グラウト材の注入圧が大きい場合等、端部に作用する力が大きい場合でも袋体端部からのグラウト材の漏出を防止する。
【解決手段】本発明に係る地山補強材1は、芯材2と、該芯材が挿通された状態で両端が芯材2に固定される袋体3と、袋体3の端部周縁近傍11が芯材2とともに挿通されるスリーブ12と、該スリーブと対向するように袋体3の外側位置にて芯材2に固着される外側押さえナット15と、袋体3の内側位置でかつスリーブ12の端部に当接された状態で芯材2に固着される内側押さえナット14とを備え、外側押さえナット15は、袋体3の外側において芯材2の周面に形成された雄ネジ16に螺合されるとともに、袋体3の設置側に近いスリーブ12の端部から挿通された袋体3の端部周縁近傍11を、該スリーブの反対側端部との間で狭着できるようになっている。 (もっと読む)


【構成】 ライニング装置10は、走行ユニット12に支持されるガイドフレーム14、およびガイドフレーム14上を移動可能な製管ユニット16を備えている。既設管200内にライニング管206を製管する際には、走行ユニット12を作動させるとともに、製管ユニット16にガイドフレーム14上を所定の速度で移動させる。そして、押し付けユニット84の押し付け手段112,114,116,124によってストリップ202を既設管内面との間に挟み込ん既設管200の内面に押し付けるとともに、押し付けユニットの後方を移動する嵌合ユニット82の嵌合手段98,100,102,106によって、押し付け手段112,114,116,124が既設管200内面に押し付けたストリップ202と、これに隣接するライニング管206とを嵌合させる。
【効果】 非円形の既設管に対しても、既設管の内面に密着させたライニング管を製管することが可能になる。 (もっと読む)


【構成】 ライニング装置10は、ガイドフレーム14を備え、このガイドフレーム14には、ガイドフレーム14上を移動可能な製管ユニット16が装着される。製管ユニット16は、ガイドフレーム14上を所定の速度で移動し、ストリップ202を既設管200内面に沿わせるとともに、そのストリップ202と、製管された後のライニング管206のストリップ202とをジョイナ204で接合する。また、ガイドフレーム14には、製管ユニット16よりも後方に、コーナ押さえユニット58が設けられる。コーナ押さえユニット58は、既設管200の角部208において、ライニング管206を押さえ付ける。
【効果】 ライニングによる断面縮小率を小さくすることができる。 (もっと読む)


【課題】複数の袋体をグラウト注入パイプの管軸方向に沿って直列に配置するにあたり、すべての袋体にグラウト材を確実に加圧注入して十分に膨張させる。
【解決手段】本発明に係る地山補強材1は、グラウト注入パイプ3の管軸方向に沿って袋体2a,2b,2cを直列に配置してあるとともに、グラウト注入パイプ3には、その管軸方向に沿って吐出口12a,12b,12cを形成してあり、該吐出口を介してグラウト材を袋体2a,2b,2cに加圧注入できるようになっている。吐出口12b,12cには吐出制御機構11b,11cをそれぞれ設けてあり、吐出口12b,12cからのグラウト材の吐出圧が所定のしきい値を越えたとき、吐出口12b,12cの開閉状態を、閉じた状態から開いた状態に移行させることができるようになっている。 (もっと読む)


1 - 10 / 44