株式会社NIEにより出願された特許

1 - 2 / 2


【課題】メタル線を経由して時刻精度ナノ秒オーダーの時刻情報を伝送できる時刻情報伝送装置を提供する。
【解決手段】GPS(Global Positioning System)受信装置3、集線装置4、CPE(Customer Premises Equipment)から構成され、協定世界時(UTC)同期信号転送機能を有する小型無線基地局用のアクセス装置において、メタル線伝送に起因する時刻同期信号の遅延時間、ジッタを測定する機能と測定した結果に応じて遅延量を補償する機能を該GPS受信装置と集線装置間、および該集線装置とCPE間に設けることによって遅延およびジッタの調整を可能とした。 (もっと読む)


【課題】可燃性液体等の液面高測定には、火花発生の可能性のない光等を使用して行う方法がとられていた。ただし光の反射を使用して液面光を測定する方法は、反射板が液、およびその揮発物で汚れるという問題があった。また光の反射遅延時間の測定部が高価となっていた。
【解決手段】被測定液体と気密的に隔てられた円筒内に反射板を設け、これを液体表面に浮かした浮きに取り付けた磁石により、液面位置に移動せしめる手段により、上記の問題を解決している。液面高は、光の反射遅延時間の測定により行われるが、この測定には、遅延時間により周波数が決まる弛張発振機を構成し、この周波数を測定して行うので経済的な液面計が提供できる。 (もっと読む)


1 - 2 / 2