シプロ化成株式会社により出願された特許

1 - 10 / 33


【課題】400nm付近で強い発光を示し、さらに樹脂に添加した場合にその蛍光特性が優れている有機蛍光色素を提供すること。
【解決手段】2−(4−メトキシフェニル)−2H−ベンゾトリアゾールなど下記一般式のベンゾトリアゾール誘導体とする。なお式中Rは水素原子、ハロゲン原子、炭素数1〜8のアルキル基、炭素数1〜8のアルコキシ基又はヒドロキシル基を表す。式中Rは炭素数1〜20のアルキル基を表す。
(もっと読む)


【課題】380〜400nmの長波長領域に高い吸収性能を持ちながら、優れた耐光性能をも持ち合わせる紫外線吸収性の新規化合物を提供すること。
【解決手段】下記一般式で表されるベンゾトリアゾール誘導体化合物。式中Rは水素原子、ハロゲン原子、アルキル基、アルコキシ基、ヒドロキシル基、アミノ基、直鎖または分鎖のモノ置換アミノ基、直鎖または分鎖のジ置換アミノ基、ニトロ基、カルボキシル基、アルキルオキシカルボニル基、ヒドロキシアルキル基、アルキルカルボニルオキシアルキル基、カルボキシアルキル基、アルキルオキシカルボニルアルキル基、アリール基、アシル基、スルホ基又はシアノ基を表す。
(もっと読む)


【課題】380〜400nmの長波長領域に高い吸収性能を持ちながら、優れた耐光性能をも持ち合わせ、また紫外線吸収剤モノマーとしても有効な紫外線吸収性の新規化合物を提供すること。
【解決手段】下記の一般式(1)で表されることを特徴とするベンゾトリアゾール誘導体化合物とする。R及びRは各々独立して炭素数1〜8のアルキレン基。Rは水素原子又はメチル基。
(もっと読む)


【課題】350nm以上の長波長領域の吸収を高め、かつ、400nm以上の可視光の吸収をなくした重合性の新規化合物を提供すること。
【解決手段】下記の一般式で表されることを特徴とするベンゾトリアゾール誘導体化合物。


[式中、Rは水素原子、炭素数1〜8のアルキル基、アリール基又はアシル基を表す。Rは炭素数1〜8のアルキレン基を表す。Rは水素原子又はメチル基を表す。] (もっと読む)


【課題】バイオディーゼル燃料に酸化安定性を付与し、貯蔵安定性の向上を図ると同時に、使用時における酸化劣化由来の燃料タンクや燃料ホース、更にはエンジン内で種々のトラブルを防止する。
【解決手段】下式(1)で表される化合物100〜2000ppmと、


下式(2)で表される化合物100〜2000ppmを含有し、かつ上記化合物の合計量が少なくとも300ppm以上含有する。
(もっと読む)


【課題】ヒドロキサム酸活性部位を有さず、活性中心である亜鉛イオンを選択的に阻害することのできる副作用の少ないMMP阻害剤を提供する。
【解決手段】下記〔化1〕,〔化2〕または〔化3〕の一般式の構造を有するアゾベンゼン誘導体を有効成分とするMMP阻害剤とすること。なお〔化1〕及び〔化2〕は本発明のために新規に合成した化合物である。
(もっと読む)


【課題】より経済的な方法で、在来のベンゾトリアゾ−ル系紫外線吸収剤を、共重合反応およびグラフト反応に適用しやすいビニル系モノマ−に誘導すること。
【解決手段】紫外吸収に関与しないヒドロキシ基を別に有するベンゾトリアゾ−ル系紫外線吸収剤のうちから安価に得られるものを選択し、これらをアクリロイル化あるいはメタクリロイル化することにより課題を解決しようとした。 (もっと読む)


【課題】
皮膚外用性基材である油分への配合を目的としたUV−A領域に優れた紫外線吸収を有する紫外線吸収剤、およびこれを配合した皮膚外用剤を提供することである。
【解決手段】
下記一般式(I)からなる紫外線吸収剤。
一般式(I)
【化1】



(式中、RがH、2−エチルヘキシルオキシ基のうちの一つであり、R2、3はメチル基、ターシャリブチル基、ターシャリオクチル基から選択されるいずれかのアルキル基の組み合わせである。) (もっと読む)


【課題】p−メトキシケイ皮酸2−エチルヘキシルを配合した皮膚外用剤に、特定構造を有するベンゾトリアゾール誘導体を配合させることによって、UV−A領域に紫外線吸収を有し、皮膚外用剤基剤である油分との相溶性に優れ、さらにp−メトキシケイ皮酸2−エチルヘキシルの着色性を防いで紫外線防御効果の持続性を向上させた皮膚外用剤を提供すること。
【解決手段】p−メトキシケイ皮酸2−エチルヘキシルを含有する皮膚外用剤において、2−[4−(2−エチルヘキシルオキシ)−2−ヒドロキシフェニル]−2H−ベンゾトリアゾールを配合することを特徴とする、皮膚外用剤の紫外線防御効果の持続性を向上させる方法。 (もっと読む)


【課題】耐蒸散性のより改善された、そして相溶性等においても問題のないベンゾトリアゾ−ル系紫外線吸収剤を合成すること。
【解決手段】ヒドロキシメチル基を有するベンゾトリアゾ−ル系紫外線吸収剤の二塩化アジポイル、二塩化イソフタロイルあるいは二塩化テレフタロイルによるビス型の構造への化学修飾により課題を解決しようとした。 (もっと読む)


1 - 10 / 33