株式会社イースティルにより出願された特許

1 - 3 / 3


【課題】ネットワーク上の下位の装置においてより柔軟な処理を可能にすること。
【解決手段】金融情報配信システム1は、同期配信系10と、非同期配信系20と、データ配信システム30と、クライアント40とを有する。金融情報配信システム1において、同期配信系10および非同期配信系20は金融情報を含むメッセージを配信する。データ配信システム30は、同期配信系10および非同期配信系20から配信されたメッセージを加工し、クライアント40に送信する。このとき、データ配信システム30において、各サーバ31は、同期配信系10から配信されたメッセージに対してはグループ番号およびシーケンス番号を、非同期配信系20から配信されたメッセージに対してはシーケンス番号を付加する。 (もっと読む)


【課題】金融情報を利用する投資家の端末に対して、投資判断の材料として用いる金融情報の遅延の有無を、簡易且つ確実に伝達すること。
【解決手段】エンティティ20は、金融情報報道装置10から金融情報を取得すると、その金融情報に所定の加工を施すことによって、新たな金融情報を取得する。そして、取得した金融情報に、時刻を表わす時刻情報と自らを識別するエンティティ識別子を内包させた上で、下流のエンティティ20又は金融情報サービス検索端末30へ送信する。 (もっと読む)


【課題】 金融情報を利用する投資家の端末に対して、投資判断の材料として用いる金融情報の遅延の有無を、簡易且つ確実に伝達すること。
【解決手段】 エンティティ20は、金融情報報道装置10から金融情報を取得すると、その金融情報に所定の加工を施すことによって、新たな金融情報を取得する。そして、取得した金融情報に、時刻を表わす時刻情報と自らを識別するエンティティ識別子を内包させた上で、下流のエンティティ20又は金融情報サービス検索端末30へ送信する。 (もっと読む)


1 - 3 / 3