有限会社タピロにより出願された特許

1 - 1 / 1


【課題】 従来品は構成部品点数が増え、その構成が複雑で製造工程が多く、そのため価格も高騰し、バネ性を有するアーチ部材を使用して、定規本体に形成された開口内に押し入れる構成とした際、そのアーチ部材と開口との間に多少の寸法違いがあるとカタ付きが生じたり、アーチ部材に対し、片寄った加力があると、捻れとそれに起因する横ずれが生じてしまう虞もあるという点である。
【解決手段】 定規は一枚の素材プレートに平行な一対の切り込みを入れ、その平行な切り込みの両端を幅狭にすぼめてあるいはフォーク状として支点部を形成し、その支点部を囲むようにあるいは沿って屈折したもしくは素材プレートの端部に至る直状の切り込みを入れ、平行な切り込みに挟まれたパートを加熱あるいは押擦、射出成形、化学処理等の加工手段で、上方に膨出したアーチ部を素材プレートと一体に形成してあることとし、アーチ部の裏面には全体的もしくは部分的に滑り止めが施されていることとする。 (もっと読む)


1 - 1 / 1