三井化学アグロ株式会社により出願された特許

1 - 10 / 70


【課題】高い効果を有する殺虫剤を提供する。
【解決手段】一般式(1)


{式中、A1、A2、A3、A4は互いに独立して炭素原子、窒素原子または酸化された窒素原子を示し、R1アルキル基、フェニル基、複素環基を示し、R2、R3は互いに独立して、水素原子、アルキル基、アルキルカルボニル基を示し、G1、G2、G3は互いに独立して、酸素原子または硫黄原子を示し、Xは水素原子、ハロゲン原子、アルキル基、アミノ基を示し、nは0〜4の整数を示し、Qは、フェニル基、ナフチル基、テトラヒドロナフチル基、複素環基を示す。}で表される化合物およびこれを有効成分として含有する殺虫剤、ならびにその製造方法。 (もっと読む)


【課題】高い効果を有する殺虫剤を提供する。
【解決手段】殺虫剤を下記一般式(1)で表されるイミド化合物を含んで構成する。


(式中、A、A、A及びAはそれぞれ炭素原子、窒素原子又は酸化された窒素原子を示し、Rは水素原子、置換されていてもよいアルキル基又は置換されていてもよいC2−C4アルキルカルボニル基を示す。G及びGはそれぞれ、酸素原子又は硫黄原子を示す。Xは同一又は異なっていてもよく、水素原子、ハロゲン原子、C1−C3アルキル基又はトリフルオロメチル基を示す。nは0から4の整数を示す。Q及びQは、置換されていてもよいフェニル基、置換されていてもよいナフチル基又は置換されていてもよい複素環基を示す。) (もっと読む)


【課題】ブロモアニリン誘導体を簡便に高収率で製造することができる製造方法。
【解決手段】一般式(2)で表されるブロモアニリン誘導体を、一般式(1)で表されるアニリン誘導体と、臭素化剤とを反応させる工程を含む製造方法。


{式中、R及びRはそれぞれ、水素原子又は炭素数1〜6のアルキル基等を示す。Y及びYはそれぞれ独立に、水素原子、ハロゲン原子又は炭素数1〜6のアルキル基を示し、Y、Y及びYはそれぞれ独立に、水素原子、ハロゲン原子、ニトロ基又は炭素数1〜6のハロアルキル基等を示す。但し、Y、Y及びYから選ばれる少なくとも1つは水素原子である。水素原子であるY、Y及びYに対応するY1a、Y3a及びY5aは臭素原子であり、それ以外は、Y、Y及びYとそれぞれ同一である} (もっと読む)


【課題】茎葉散布処理において葉面上での殺菌活性成分マンゼブの耐雨性を向上することにより、効果の持続性を改良し、かつ高濃度水希釈性の向上した農園芸用水和剤を提供する。
【解決手段】マンゼブ、マンゼブを除く1種以上の農薬活性成分、酸化亜鉛及びリグニンスルホン酸塩を含有する粉砕された粒子からなり、該粒子の中位径が0.1〜3.7μm、且つ最大粒径が10μm以下の粒度分布を有することを特徴とする農園芸用水和剤。 (もっと読む)


【課題】茎葉散布処理において葉面上での殺菌活性成分マンゼブの耐雨性を向上することにより効果の持続性を改良し、かつ高濃度水希釈性の向上した農園芸用水和剤を得る。
【解決手段】マンゼブ、酸化亜鉛及びリグニンスルホン酸塩を含有する粉砕された粒子からなり、当該粒子の中位径が0.1〜3μm、且つ最大粒径10μm以下の粒度分布を有することを特徴とする農園芸用水和剤。 (もっと読む)


【課題】 植物の菌類病害防除剤および菌類病害防除方法を提供する。
【解決手段】 単糖を有効成分とすることを特徴とする植物の菌類病害防除剤および単糖を植物体に施用する植物の菌類病害防除方法。単糖が、D−タロース、L−フルクトース、D-アロース、D-プシコース、およびD−ガラクトースからなる群から選ばれる。 (もっと読む)


【課題】 植物の細菌病害防除剤および細菌病害防除方法を提供する。
【解決手段】 単糖を有効成分とすることを特徴とする植物の細菌病害防除剤および植物の細菌病害防除方法。単糖が、D−タロース、L−フルクトース、D−ソルボース、D-プシコース、D−ガラクトース、D−マンノースおよびD−マンニトールからなる群より選ばれる。 (もっと読む)


【課題】従来の病害組成物による処理方法では不十分であったイネ稲こうじ病の改良された防除方法を提供する。
【解決手段】防除効果が期待できないとされていたイネの出穂1〜4週間前以外の時期に病害防除組成物を処理することを特徴とするイネ稲こうじ病防除方法、好ましくは、病害防除組成物の処理時期がイネの田植直後〜田植50日後であることを特徴とするイネ稲こうじ病防除方法。さらに好ましくは、病害防除組成物の処理時期がイネの播種時、または緑化期〜移植当日であること(育苗箱処理)を特徴とするイネ稲こうじ病防除方法。 (もっと読む)


【課題】種々の雑草に対し高い除草効果を有する除草性組成物を提供する。
【解決手段】ストレプトマイセス属の微生物が生産する物質から単離されたA−87774化合物又はその塩と、第2除草性化合物として、例えばグリホサート、グルホシネート、ビアラホス等のアミノ酸系除草性化合物、パラコート等のビピリジウム系除草性化合物を含有する組成物。水和剤として製剤し、土壌処理又は茎葉処理に使用することが出来る。 (もっと読む)


【課題】果菜類に水分ストレス調節作用を付与する新規組成物の提供。
【解決手段】希少糖を有効成分とすることを特徴とする果菜類の水分ストレス調節組成物およびこれを用いた果菜類の栽培方法。
【効果】果実の糖度を上昇させ、果実重量を増加させることができる。また、高濃度培養液や塩類添加の培養液の施用と併用することにより、過度な水分ストレスを緩和し、果実の収量アップや尻腐れなどの果実の生理障害を低減することができ生産性の向上が達成できる。 (もっと読む)


1 - 10 / 70