大和ハウス工業株式会社により出願された特許

1 - 10 / 946


【課題】軽量の葺き材であっても吹き上げに強い状態で屋根上に取付けることが可能であり、且つ、太陽電池パネルを軒先から隙間なく設置することが可能な太陽電池パネルの軒先取付け具、並びに、そのような太陽電池パネルの軒先取付け具により太陽電池パネルを取り付けた屋根構造を提供することを課題とする。
【解決手段】
太陽電池パネルの軒先取付け具200に、屋根部材の軒先側の辺近傍に形成された掛止片と係合可能な係合部を形成する。さらに、形成した係合部の周辺に、屋根部材の軒先側の辺近傍の掛止片が係合部との係合方向又は係合解除方向へ移動可能な係合領域を形成する。そして、軒先取付け具200の係合部と屋根部材の掛止片が係合することで、最も軒先側に位置する屋根部材の上方への移動を阻止可能な構造とする。加えて、係合部と高さ方向に離れた位置に、太陽電池パネルの軒先側部分を保持可能な保持凹部を設ける。 (もっと読む)


【課題】取り付け時に従来の太陽電池パネルの取り付け構造に比べて作業性がよい太陽電池パネルの敷設構造を提供する。
【解決手段】係止片56の部材厚方向を係合孔6の開口幅方向に合わせて、係止片56を係合孔6の中に挿入し、その状態で固定部材5を回転させて係止片56の最小幅方向を係合孔6の開口幅方向に対して交差する方向に回転移動することによって固定部材5をレール部材3から離脱不能且つ係合孔6に沿って移動可能な状態とすることが可能であり、固定部材5を係合孔6に沿って移動させて固定部材5の保持部20を太陽電池パネル2の辺に係合させる構造とする。 (もっと読む)


【課題】例え太陽電池パネルの一辺の中間部を固定する場合であっても強度を確保できる太陽電池パネルの敷設構造を提供する。
【解決手段】複数の四角形の太陽電池パネル2が行方向と列方向に並べられて平面的な広がりをもって設置され、4枚の太陽電池パネル2の辺が直交する辺集結部101があり、辺集結部101またはその近傍の位置に、辺集結部101を形成する4枚の太陽電池パネル2を相互に接続する連結ピース100が宙空状態で装着されている構造とする。 (もっと読む)


【課題】上段の栽培トレイから順に下段の栽培トレイへと養液を循環させていく植物栽培装置において、上記栽培トレイから養液を簡単に排出できるようにする。
【解決手段】養液が貯留される養液タンク3と、この養液タンク3から養液をポンプ51により汲み上げて上段の栽培トレイ2から順に下段の栽培トレイ2へと当該栽培トレイ2同士を連通する循環パイプ54を通して養液を循環させていく養液循環システム5と、上記栽培トレイ2に接続された排水パイプ61及びこの排水パイプ61から上記栽培トレイ2内の養液を排出する排水制御バルブ63を備えた排水システム6と、を備えた。 (もっと読む)


【課題】工場での生産が可能で現地での据え付けが簡単迅速に行え、風などを受けても不安定な挙動を生じにくい緑化面形成部材を提供する。
【解決手段】緑化面形成部材1は、支持体11と、この支持体の表面に固定された通水性を有する支持層12と、この支持層12から水を受け取って保持する保水層13と、この保水層13の水を裏面側から受け取って表面側の根張り領域(土3が入れられている領域)に導く導水層14と、この導水層14の表面側を覆うとともに縫い合わせによる区画領域を有する表面層15と、上記根張り領域に通じる、上記表面層15に形成された切れ目部16とを備える。 (もっと読む)


【課題】ユーザに対して簡易的な方法により情報を報知すると共に、報知する情報の種類が複数種となるケースにも対応可能な情報報知システムを提供することである。
【解決手段】住宅Hでのエネルギー消費量の測定結果に応じた情報を示す測定結果データ、及び、CEMSサーバ40からの提供情報データのうち、ホームサーバ10が受信した受信データに応じた報知動作を実行するロボット50を有する情報報知システムであって、ロボット50は、受信データに応じた発光形式にて発光する発光動作を実行する発光機構51と、受信データに応じた音声を発する音声発生動作を実行する音声発生機構52と、受信データに応じて振動する振動動作を実行する振動機構53と、ホームサーバ10から報知動作の実行要求を受信すると、発光動作、音声発生動作及び振動動作のうち、実行要求に応じて決定した少なくとも一つ以上の動作を報知動作として実行させるコントローラ54とを有する。 (もっと読む)


【課題】 1スリットタイプでありながら、柱への固定用のボルトの干渉が回避でき、かつ合わせ梁を接合するボルトとの干渉回避が簡素な構成で行える梁受金物と、これを用いた木造柱・梁の接合構造を提供する。
【解決手段】 梁受金物1は、立板部2とその基端から側方に延びる接合板部3とでなり、接合板部3は柱側面に配置し、立板部2は梁端面のスリット内に挿入する。立板部2の先端には、前記梁先端のピン挿通孔に挿通された固定ピンを挿通させる固定ピン挿通孔5を設ける。接合板部3における立板部2の位置する幅方向位置に取付用ボルト挿通孔8を設ける。ボルト突出部分との干渉を回避する切り欠き9を、立板部2の基端から先端側へ延びて設ける。切り欠き9は、前記梁の端部側面に突き合わせる合わせ梁の端面へ前記梁を貫通して進入するボルトが貫通可能な位置まで広げる。 (もっと読む)


【課題】蓄電装置が高温になるのを防止するとともに、当該蓄電装置が発する騒音を人に聞こえ難くすることができる建築物を提供する。
【解決手段】蓄電装置40からの電力を負荷50へと供給可能な電力供給システム1を具備する住宅100(建築物)であって、蓄電装置40は、外壁100aに沿うように形成される蓄電装置収納空間110に配置され、蓄電装置収納空間110の空気は、外壁100aに形成された貫通孔115及び当該貫通孔115に設けられた送風機117によって外気と換気可能とされ、蓄電装置収納空間110と他の空間とを仕切る壁面(側壁111・111、上部仕切壁112及び防音扉113)には、防音材(防音材114等)が設けられる。 (もっと読む)


【課題】ケーブルの差し間違いを防止することができる電力供給システムを提供する。
【解決手段】自然エネルギーを利用して発電可能な発電部10と、商用電源90及び発電部10にそれぞれ接続され、商用電源90及び発電部10からの電力を充電可能であるとともに、充電された電力を特定の負荷50へと放電可能な蓄電装置40と、を具備する電力供給システム1であって、発電部10、商用電源90及び特定の負荷50にそれぞれ接続される複数のコンセント(非常用コンセント21、充電用コンセント32及び放電用コンセント34)と、前記複数のコンセントと蓄電装置40とをそれぞれ接続する複数のケーブル(ケーブル41、ケーブル42及びケーブル43)と、を具備し、各組のコンセントとケーブルとの差し込み形状が互いに異なる形状となるように形成される。 (もっと読む)


【課題】建物の屋根面に設置される架台を取り付けるための架台支持材及び架台支持構造であって、屋根面に架台支持材を取り付け後に、防水シートが施工できる架台支持材及び架台支持構造を提供する。
【解決手段】ベースプレート3と、ベースプレート3に固定される架台固定用ボルト4と、架台固定用ボルト4を挿通し、ベースプレート3上に設けられる片面開放筒型の架台支柱5とからなる架台支持材2、及び架台支持材2を用いた架台支持構造により解決される。 (もっと読む)


1 - 10 / 946