峰▲チァオ▼科技(深▲セン▼)有限公司により出願された特許

1 - 2 / 2


回転子と固定子を含み、回転子には回転子鉄心(402)と回転子鉄心上に設置される永久磁石(405)が含まれている。固定子には固定子鉄心(401)と三相電機子コイルが含まれている。固定子上に9M個の電機子コイルを設置し、回転子上に8M又は10Mの磁極を設置することによって、三相AC永久磁石モータが左右空間と上下空間において対称になるようにして、噛み合いトルクと片側磁気引っ張り力を大幅低減することができる。その中、Mは2以上の自然数である。関連ラジアル方向磁極性を有する永久磁石と回転子スロットの周期性設置によって、必要とする回転子磁極のペア数を実現することができ、これによって回転子永久磁石の機械強さとモータの性能を向上することができる。

(もっと読む)


本発明は永久磁石ACモータのセンサーレス準正弦波AC駆動方法に関するもので、その駆動電流の波形は空間対称性を示しており、モータ運行の際、コイルには30°の電気待機エリアと150°の駆動エリアがあり、前記150°の駆動エリアは5つのお互いに繋がる駆動サブエリアに均一に分けられる。本発明の駆動方法は電流の方向変化によって生じる電流の突然変化、および駆動の際に生じるトルクの脈動を減らすことができ、モータの効率とパワー密度を向上させることができる。

(もっと読む)


1 - 2 / 2