株式会社デンエンチョウフ・ロマンにより出願された特許

1 - 4 / 4


【課題】顔料の固着率が高く、摩擦や洗濯に対しての堅牢性に優れ、かつ良好な風合いで均一に染色することができる。
【解決手段】水系分散媒に顔料成分を均一に分散させて顔料の着色組成物を調製する工程と、織物、編み物又は不織布により作製されたシート状の獣毛繊維構造体を着色組成物に浸漬する工程と、着色組成物に浸漬した獣毛繊維構造体を拡幅状態でニップロールにより脱液して獣毛繊維構造体を構成する繊維に着色組成物を浸透させる工程と、脱液した獣毛繊維構造体を拡幅状態で乾燥させることで獣毛繊維構造体を構成する繊維に着色組成物を均一に染着させる工程とを含み、獣毛繊維構造体を着色組成物に浸漬する工程の前に、獣毛繊維構造体を構成する繊維の表皮疎水層を除去することによる親水化処理を行う工程を更に含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 繊維基材としてポリ乳酸繊維を用いていながらも、インクジェット印刷において、画像鮮明性、耐水性、耐候性及び発色性に優れたインクジェット用被記録材を提供する。
【解決手段】 インクジェット用被記録材を、少なくともポリ乳酸繊維を含有した繊維基材に、水性エマルジョン型アクリル系粘着剤と水溶性カチオンポリマーとを主成分とするインク受容層を備えたものとし、水性エマルジョン型アクリル系粘着剤をガラス転移温度が−50℃〜−10℃の範囲内のものとする。 (もっと読む)


アニオン性色剤を含むインクによる着色がなされる被着色材のインク受容面に予め付与されるインク受容層形成剤は、炭素数4〜12のアルキル基を有する1種又は2種以上の(メタ)アクリル酸エステルとビニル系モノマーとを共重合させて得られる弱酸性の水性エマルジョン型アクリル系粘着剤と、カチオン性水溶性ポリマーと、水性媒体とを含み、水性エマルジョン型アクリル系粘着剤は、固形分が約50%のエマルジョン状態における粘度が4000〜20000mPa・s/30℃であり、且つ、その乾燥皮膜のガラス転移温度が−10〜−50℃の範囲内にある。 (もっと読む)


染色、印刷、ペインティング、コーティング等の処理工程数を大幅に減らすことができ、且つ、対象物への機能性化合物の固着性及び堅牢度が良好で対象物の風合いを損ねない水性の染着剤組成物及び水性のコーティング剤組成物を提供する。水性エマルジョン型アクリル系粘着剤と、カチオン系水溶性ポリマーとを混合して水性のコーティング剤組成物とする。水性エマルジョン型アクリル系粘着剤と、カチオン系水溶性ポリマーとを混合した後に染料、顔料、薬剤、防臭剤、香料等の機能性化合物を混合して染色、印刷、ペインティング又はコーティング用染着剤組成物とする。 (もっと読む)


1 - 4 / 4