Fターム[2B005DA00]の内容

特定動物用飼料 (2,892) | 家禽類 (236)

Fターム[2B005DA00]の下位に属するFターム

 (168)
鶏以外の家禽類 (49)

Fターム[2B005DA00]に分類される特許

1 - 19 / 19


【課題】体重の減少や体重増加の低下を促進させる動物摂取用組成物を提供する。
【解決手段】ネコ、イヌ、鳥、または家畜用のフード、サプリメント、トリート、または玩具に1種以上の中鎖脂肪酸トリグリセリドをコーティングするかそれらの中に組み込むことにより得ることのできる動物摂取用組成物。 (もっと読む)


【課題】家禽類の脂肪肝を、労力をかけず、簡便かつ安定的に供給できる手段を提供すること。
【解決手段】粗タンパク質含量が11重量%以下である家禽類用飼料および当該飼料を家禽類に給与することを特徴とする、家禽類の脂肪肝の製造方法。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、高い嗜好性を有する飼料を提供することを目的とする。
【解決手段】 本発明者らは、魚油の嗜好性に着目し、魚油を魚の種類よって区別して、魚油に対する動物の嗜好性を調査した。また、魚油を接種した動物の血中β-エンドルフィンの血中濃度を調査した。これらの調査の結果から、魚油に対する動物の嗜好性が魚の種類よって異なることを見いだし、本発明に想到するに至った。本発明は、タラ目に属する魚の魚油を含有する摂餌性を向上させた動物飼料を提供する。また、動物用飼料に添加する魚油として、タラ目に属する魚の魚油を用いることを特徴とする動物用飼料の摂餌性を向上させる方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】イエバエの蛹を含む栄養物質の製造方法の提供。
【解決手段】本発明のイエバエの蛹を含む栄養物質の製造方法は、複数のイエバエの成虫を温度18〜35℃、湿度50〜80%の環境で成長、産卵させるステップ(1)と、培養材を用意し、イエバエの卵を少なくとも大豆と乳製品を含む培養材に接種し、20〜35℃で卵が孵化して幼虫になるまで培養するステップ(2)と、幼虫を厚さ4〜10cmの豚の糞尿上に置き、20〜35℃で幼虫に豚の糞尿を食べさせ分解させるステップ(3)と、2〜3日後、幼虫が形成する蛹を収集し、熱水処理、脱水処理を行い、イエバエの蛹を含む栄養物質を獲得するステップ(4)を包む。前記方法により約5〜7日を費やすのみで豊富なタンパク質を含むイエバエの蛹を得て、これを動物飼料に添加する。 (もっと読む)


【課題】家畜家禽は、飲料水あるいは飼料などが病原菌により汚染されると、感染したり発病したりするので、それを防止し、家畜家禽が感染したり発病したりするのを予防して、育成効果を増大せしめることができるプロバイオテックス(生菌利用)による家畜家禽飼育法の提供。
【解決手段】植物性培地あるいは動物性培地で増殖培養した乳酸菌をパウダー化した乳酸菌パウダーを有効成分として含有する水性混合物を飲料水および/または噴霧水および/または飼料として供与するか、あるいは前記乳酸菌パウダーを有効成分として含有する固形性混合物を飼料として供与して飼育することを特徴とする家畜家禽飼育法により課題を解決できる。 (もっと読む)


【課題】動物体内でのサルモネラ菌の定着を抑制してサルモネラ菌を体外へ効率的に排出することができるβ−1,4−マンノビオース含有組成物及びその製造方法、β−1,4−マンノビオース含有組成物を含む飼料用添加剤や、β−1,4−マンノビオース含有組成物を配合した飼料を提供する。
【解決手段】マンナン含有天然物にマンナン分解酵素を作用させ、分解前のマンナンに対して少なくとも10重量%以上のβ−1,4−マンノビオースを生成させることを特徴とするβ−1,4−マンノビオース含有組成物の製造方法、マンナン含有天然物にマンナン分解酵素を作用させて得られ、乾物換算で少なくとも10重量%以上のβ−1,4−マンノビオースを含むことを特徴とするβ−1,4−マンノビオース含有組成物、β−1,4−マンノビオース含有組成物を含む飼料用添加剤、及びβ−1,4−マンノビオース含有組成物を配合した飼料である。 (もっと読む)


【課題】家禽化した家禽の肉の風味、軟らかさ、および/または消費者嗜好性を改善する方法の提供。
【解決手段】低レベルのω-3高度不飽和脂肪酸(HUFA)および/またはω-6HUFAを、好ましくは家禽生産サイクルの後期段階に家禽へ給餌する。本方法はまた、家禽肉の栄養価の改善をもたらしうる。 (もっと読む)


本発明は、アザペロンを餌または飲料水と一緒に低投薬量で経口投与することによって動物の成長能力の向上を鎮静作用をもたらすことなく起こさせる方法に関する。成長能力の向上には、成長速度の上昇が特定期間の間に起こることが含まれる。 (もっと読む)


本発明は、動物の能力を改善するための動物用飼料または飼料添加物の成分としてのセスキテルペンおよびそれらの誘導体の使用、並びに、それらを含有する対応動物用飼料または飼料添加物に関する。 (もっと読む)


【課題】低コストで製造可能な糞臭抑制、成長促進、糞量低減又は糞中水分含量低減の効果を有する家畜用飼料組成物を提供する。
【解決手段】油脂の精製工程で使用され、油分を15〜50質量%含む廃白土を含有する家畜用、特に家禽用の飼料組成物を家畜に給餌することにより、糞臭抑制、成長促進、糞量低減又は糞中水分含量低減することができる。 (もっと読む)


【課題】取扱性に優れ、家畜や家禽の飼料効率を高め生産性を向上させることのできる家畜や家禽の飼料用原料として有用な飼料用植物油油さい、これを用いた家畜・家禽用飼料及び家畜・家禽の飼育方法の提供。
【解決手段】水分を3〜35質量%及び脂肪酸ナトリウムを5〜30質量%含有する飼料用植物油油さい;該油さいを含有する家畜・家禽用飼料;該飼料を給与する家畜・家禽の飼育方法。 (もっと読む)


【課題】鳥コクシジウム症、またパルボウイルスなどの感染症など、病原性微生物、ウイルス、菌類、寄生虫、原虫などによる感染症にかかった鳥、魚、哺乳動物に対して、液体性免疫と細胞性免疫の両方へ作用する有効な代替療法の提供。
【解決手段】乳酸菌のPediococcus acidilactici、と酵母菌のSaccharomyces cerevisiae boulardii、とを粉末状にした混合プロバイオティクス。 (もっと読む)


【課題】家禽・家畜において、飼育環境、飼育密度、輸送及び移動、捕獲及び拘束、絶食・絶水などは大きなストレスとなり、食下量の減少、増体重の減少及び停滞、減耗率の増加、生産量の低下、産卵率の低下、卵重の低下等の生産性に大きな影響を及ぼすことから、このようなストレスを改善すること。
【解決手段】本発明は、オールスパイス及び/又はクローブを有効成分とする、或いはオイゲノール及び/又はβ−カリオフィレンを有効成分として含有する家禽・家畜類のストレス(但し、ワクチンストレスを除く)の改善剤、さらにビタミンB群を添加する家禽・家畜類のストレスの改善剤、前記ストレスの改善剤を含有する飼料とすること。 (もっと読む)


本発明は、リノール酸[18:2、LA]をエイコサジエン酸[20:2、EDA]に転換する能力を有するΔ9エロンガーゼに関する。Δ9エロンガーゼをコードする単離された核酸断片およびこのような断片を含んでなる組み換えコンストラクトと共に、植物および油性酵母中でこれらのΔ9エロンガーゼを使用して長鎖多価不飽和脂肪酸(PUFA)を製造する方法が開示される。
(もっと読む)


【課題】穀類を主原料とする飼料、および、例えば、特にオオムギとコムギの含量が高い飼料の特徴は、飼料成分(澱粉、脂肪、タンパク質/アミノ酸)の消化が悪いことである。
【解決手段】本発明者らは、ペニシリウム・フニクロスム(Penicillium funiculosum)という分類に属する新規の微生物で、主には、穀類を主原料とする飼料の消化性をうまく向上させるために利用できるような、新規の酵素及び酵素活性の混合物を含む微生物を発見開発した。 (もっと読む)


【課題】 抗生物質その他の薬剤等の使用による残留薬物の恐れや、薬剤耐性の生起の恐れの無い安全な飼料添加物を用いて家畜・家禽の排泄物量、排泄物水分量を低減する家畜・家禽用飼料を提供することを課題とする。
【解決手段】 ストレスを受けていない正常状態の家畜・家禽に対して、ダッタンソバを含有する飼料を給与することによって、家畜・家禽の排泄物量、排泄物水分量を顕著に低減出来る。糞中の水分含量の低減は、臭気や衛生上の問題についても有利な効果をもたらし、更には、このような排泄物は肥料化に際しても低公害の効果がある。
【添付図】 なし (もっと読む)


【課題】 夏期の暑熱下における家禽、特に採卵用家禽の食下量、産卵率及び日卵量を向上せしめることができる家禽飼料用添加剤及び家禽飼料の提供。
【解決手段】 重炭酸ソーダ及び有機クロムを含有することを特徴とする家禽飼料用添加剤及び家禽飼料。 (もっと読む)


本発明の対象は、飼料添加剤としてのグアニジノ酢酸および/またはその塩の使用であり、この場合、主として植物性の食餌中で特に塩酸、臭化水素酸およびリン酸との塩を使用する。該使用は特に粉末、顆粒、香錠またはカプセルの形で飼料1kgあたり0.01〜100gの1回量で行われ、その際、飼料添加はその他の生理学的に活性な作用物質と組み合わされて行うことができる。特に飼育動物および肥育動物のために適切である請求される使用は、特に水溶液中で安定しており、生理学的な結合下でクレアチンに変換することができ、その際、その他のグアニジン誘導体と比較して生理学的な適用範囲に完全に利用される化合物を使用する。 (もっと読む)


この食品は、残留性有機汚染物質を吸着可能な炭素材を含んでいる。ここで用いられる炭素材は、例えば、カーボンブラック、活性炭およびグラファイトからなる群から選ばれた少なくとも一つであるか、或いはナノカーボンである。また、炭素材は、親水性を有するものが好ましい。この食品は、炭素材により、食品中に含まれる残留性有機汚染物質および生体内に蓄積している残留性有機汚染物質を吸着することができる。残留性有機汚染物質を吸着した炭素材は、排泄物と共に生体から排出される。したがって、この食品は、生体内に残留性有機汚染物質が蓄積するのを抑制することができる。 (もっと読む)


1 - 19 / 19