Fターム[2B019AC00]の内容

釣竿 (1,958) | 釣竿製造方法 (98)

Fターム[2B019AC00]に分類される特許

1 - 20 / 98


【課題】 剛性特性の向上を図りながら、十分に軽量化が達成できる釣り竿用竿体を提供する。
【解決手段】 複数層のうちの内側層Bを、プリプレグシート1を巻回して構成するとともに、プリプレグシート1の一辺1Aを直線状に形成し、一辺1Aに対向する他辺1Bを、一辺1Aに向かって凹入する凹入形状に形成し、複数層の内の外側層Cを、プリプレグテープで構成するとともに、プリプレグテープを竿の軸線方向に沿って螺旋状に巻回し螺旋状を呈する隣接する部分が互いに離間する状態に巻回し、かつ、プリプレグテープを互いに交差するように反対向きの螺旋状に巻回して構成してある。 (もっと読む)


【課題】雌ネジ部の強度低下を防止できる竿体とその製造方法を提供する。
【解決手段】加熱焼成により形成され、内周面に雌ネジ部2が形成された竿体であって、強化繊維を有する内層10と、該内層10の外側に位置し、強化繊維を有するメイン層11とを備え、雌ネジ部2は成形により形成されていて、該雌ネジ部2の山部2aと谷部2bに対応して内層10は径方向に凹凸変形しており、メイン層11と内層10との間であって雌ネジ部2の山部2aに対応した箇所に樹脂溜まり部20が形成されている。該樹脂溜まり部20は、樹脂充填層13の厚肉部13aから形成されている。 (もっと読む)


【課題】リールシートの後側にリアグリップ部を備えた釣竿において、軽量化と強度確保と高感度を両立させる。
【解決手段】リールの脚部100が載置されるリール脚載置部13を有する筒状のリールシート本体10を備えたリールシート1の後側に、リアグリップ部を備えた釣竿であって、竿本体2と、リアグリップ部が一体的に形成されたリアグリップ竿体3とを備え、竿本体2の後部とリアグリップ竿体3の前部とが所定長さの重ね合わせ部4を形成するようにして内外に重ね合わせられて接合一体化され、該重ね合わせ部4の少なくとも一部がリールシート本体10の内側に位置している。 (もっと読む)


【課題】先竿の穂先を斜め下方へ向けて容易に保持することができ、糸切れ等を生じることもない釣竿の連結具を提供する。
【解決手段】基部材10と、先部材20と、基部材10の先端に先部材20を揺動可能に連結するヒンジ手段Hと、ヒンジ手段Hによる揺動を固定するロック手段RKと、を備え、ロック手段Hは、基部材10に、軸方向移動可能に設けられた操作部30と、操作部30のヒンジ手段Hへ向けた移動により先部材20の後端部へ当接して、先部材20の揺動を固定する当接部と、を含んだ構成とした。 (もっと読む)


【課題】 コア材とそのコア材を被覆するものに工夫を加え、コア材とそのコア材を被覆するものとの接着状態を安定したものにするとともに、グリップ自体の軽量化及びグリップ表面の塗装のバリエーションを広げることのできる釣り竿用のグリップを提供する。
【解決手段】 最内側に配置された樹脂製のコア材3と、そのコア材3の外側に、強化繊維にマトリックス樹脂を含浸させた繊維強化樹脂製のテープ4を、前記コア材の外周面に巻回して形成した外側握り層とを備え、前記外側握り層の表面から前記コア材3の表層部に亘って、前記外側握り層のテープの一部を前記コア材の表層部内に圧入させた圧入係合凹部4Bを形成してある。 (もっと読む)


【課題】高い剛性が維持されつつ嵌合可能であり、しかも容易に当該嵌合が解除され得る安価な釣竿用ブランクの提供。
【解決手段】この釣竿10は、第1番節13〜元節17を有する。隣り合う各節、例えば第3番節15の後端部36と元上節16の先端部32との間に弾性部材24が介在している。この弾性部材24は、元節17の先端部32に嵌め込まれている。弾性部材24の断面形状は紡錘形であり、内側に滑らかに膨出している。第3番節15の後端部36と元上節16の先端部32とが嵌合すると、弾性部材24は、上記後端部36によって押し潰されて変形する。弾性部材24は、ポリウレタン系熱可塑性エラストマーからなり、その硬度は、Hs45〜Hs85に設定される。 (もっと読む)


【課題】本発明は、竿体の各角部間に柱体を設け、この柱体の長手方向に沿って竿体を振ることにより、使い勝手を向上させるようにした多角竿を得ることを目的とする。
【解決手段】本発明による多角竿は、四個の長手V字型部材(A,B)と一対の長手平板部材(C)により六角形の竿体(F)を形成し、少なくとも一対の中空部(24,25)を有し、竿体(F)の各角部(22,22)間に柱体(21)を形成し、この柱体(21)の長手方向を竿体(F)の振り方向(X)とすることにより、軽くて剛性のある竿体(F)とした構成である。 (もっと読む)


【課題】釣の最中にロッドが釣竿の周方向にずれたり、がたつくことが無く釣り針を遠くに飛ばすことの可能な釣竿のジョイント部製造方法、釣竿ジョイント部品の製造方法及び釣竿を提供する。
【解決手段】嵌合用突設部3の外周に離型剤5を塗布した後、嵌合用突設部3の周囲に炭素繊維7を巻く。この炭素繊維7を樹脂9で固化し、この樹脂9を嵌合用開口25の形状に合わせて切削する。その後、嵌合用突設部3を嵌合用開口25内に挿入した状態で樹脂9を再び固化した後、嵌合用突設部3を引き抜く。このとき、嵌合用突設部3の外周の形状に一致した形状の嵌合用凹部27を有する樹脂部分が嵌合用開口25内に残される。 (もっと読む)


【課題】回転中にブランクが浮き上がり易く、特に、ブランクが細く軽い場合にはその傾向が顕著であった。業務用の釣竿用回転式コーティング乾燥機ではそのような不都合は無いが、構造が複雑で高価となる上に、操作も容易ではない。
【解決手段】一対の挟持アーム25、25には、それぞれ先端側に前記ブランクに接触して押圧支持する二つの部位を有する「く」の字状挟持部が設けられており、前記「く」の字状挟持部は側方視にて互いに谷側を向けて交差しながら、軸方向に対してそれぞれ斜め姿勢でブランクBを抱え込んで、それぞれの二つの部位が前記ブランクを挟んで対向している。上記の構造は簡易で、操作も従来品と同様に容易でありながら、回転中にブランクが浮き上がることは無い。 (もっと読む)


【課題】穂先部が破損しにくい板状の釣竿を提供することである。
【解決手段】釣竿1は、竿杆2の元部MT側にリール装着部3が設けられたグリップ4が設けられている。
竿杆2は、上下方向に3層の繊維強化樹脂層が積層されて形成され、これら繊維強化樹脂層は竿杆2の長手軸Jに沿った方向の軸長方向繊維と長手軸Jを横切る方向の横方向繊維を有するガラス繊維強化樹脂層からなっている。
竿杆2は、左右方向に湾曲した板状に形成されて上面2j側に凹状の湾曲面2dが形成されている。 (もっと読む)


【課題】前後部材を接続固定させた竿杆が強固に固定された構造の竿杆を有する釣竿を提供する。
【解決手段】釣竿の竿杆であって、前側部材20Aと後側部材20Bとを接続固定した竿杆20であって、該前側部材と後側部材の一方の部材20Bの端部は、円周方向の一部が長手方向所定長さに亘って切り欠かれた受部20BEを有し、該受部には窪みを設けており、他方の部材20Aの端部20AEを前記窪みに受容させた重合部とし、該重合部を糸条部材30で巻回して固定した。 (もっと読む)


【課題】手首の動きを阻害することなく、柔軟な釣り操作を可能とする釣竿を提供すること。
【解決手段】魚釣り用リール8を取付けるリール脚載置面18aを一側に配置し、このリール脚取付面の後方に、握持用グリップ部20を設けた釣竿10であって、グリップ部20は、長手方向に沿う軸線Cを中心としてリール脚載置面18aの反対側に、長手方向に延びる稜線部と、この稜線部をから両側にそれぞれ異なる方向に傾斜する平面状の肘当て面とを形成した釣竿10。 (もっと読む)


【課題】安価で耐腐食性が高く且つ連結されたロープ等が絡みにくい尻手リングを備えたバットの提供。
【解決手段】このフィッシングロッド30は、釣竿本体とバットとを備える。バットは、バット本体60と、尻手リング機構40とを有する。尻手リング機構40は、バット本体60の後端部の外側に嵌め込まれたケース75と、ケース75の内部に嵌め込まれた係止具76と、係止具76に係合された尻手リング77とを有する。ケース75及び係止具76は、円環状に形成され、バット本体60に対して周方向に回動する。係止具76は、バット本体60を囲繞する一対の脚部を備えており、各脚部間に隙間が形成されている。 (もっと読む)


【課題】竿杆損傷を防止しつつ釣竿先端部品の係合状態の信頼性を高めた釣竿穂先部構造とその製造方法を提供する。
【解決手段】竿杆穂先領域10の先端部を、該先端部の直ぐ後ろ部10Bよりも径の大きな抜止部10Aに形成しており、当該抜止部に装着させる釣竿先端部品は、その装着基部を円周の一部を欠いた樋状基部TAに形成すると共に、該樋状基部の内周面は前記抜止部の形状に沿っており、前記抜止部を前記樋状基部で受け、更に該抜止部の前記樋状基部に対する径方向反対側に、その内周面が前記抜止部の形状に沿った覆部品BAを被せ、固定している。 (もっと読む)


【課題】釣竿の撓り性を向上させると共に、釣糸ガイドを取付けた部分で竿管にクラックが発生するのを防止すること。
【解決手段】釣糸を案内する釣糸案内部14と、この釣糸案内部を支える支脚部16と、この支脚部に一体に形成した固定部20とを有し、この固定部20を介して竿管8に固定される繊維強化樹脂製のフレーム18を備える釣糸ガイド10であって、固定部20は、支脚部側領域24よりも剛性の小さい低剛性領域26を自由端側に有し、この低剛性領域26は、固定部20の全長の半分以上にわたって形成される釣糸ガイド。 (もっと読む)


【課題】熟練した技能及び時間を要することなく、ガイド部材を竿杆に強固に取付け可能な釣竿及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】釣竿1は、竿杆7の外周面に固定される脚部11を備え、釣り糸をガイドするガイド部材9と、第1の面部22と、第2の面部23とを備え、第1の面部22から第2の面部23まで貫通する第1の貫通孔25が形成された板状部材と、ガイド部材9の脚部11を竿杆7の内周方向に押圧した状態で竿杆7の外周面に巻回される帯状部材31とを備える。帯状部材31は、板状部材21に固定される第1の端部32と、帯状部材31を竿杆7の外周面に巻回した後に第1の貫通孔25に第2の面部23側から第1の面部22側へ挿通され、貫通孔25より第2の面部23側への移動が規制されている第2の端部33とを備える。 (もっと読む)


【課題】重量が軽く、比強度、比剛性及び撓み性に優れた釣糸ガイドを提供する。
【解決手段】本発明に係る釣糸ガイド1は、釣糸を挿通させるリング保持部5と、釣竿表面から釣糸を離間させる支脚部7とを具備した繊維強化合成樹脂製のフレーム3を有する。そして、フレーム3は、糸状体25,25Aの強化繊維を配設した部位を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】曲げ強度等の低下を抑制し、外観デザイン上の違和感を解消し、かつ、製作し易い釣り竿を提供する。
【解決手段】手元側竿体1を、その竿先端部に配置された内側層1Bと、その内側層1Bの外側で手元側竿体1の全長に亘って配置される外側層1Cとで構成する。内側層1Bを、竿先端部より竿元側に位置する内周面より内向きに膨出すべく、繊維強化プリプレグ製のリーマパターンを巻回して構成する。外側層1Cを、その外周面が一定又は略一定の外径を呈するストレート外周面となる状態に繊維強化プリプレグ製のメインパターンを巻回して構成してある。 (もっと読む)


【課題】様々な断面形状、テーパーを備えた釣竿を効率よく製造できる釣竿製造装置、釣竿製造方法及び該釣竿製造方法によって製造された釣竿を提供する。
【解決手段】X軸及びY軸を含む少なくとも一つの面内に釣竿用素材の周囲に均等に配置された複数の回転軸と、XY面内切削ポイント指定手段で指定された位置まで回転刃又は回転軸を回転させつつ移動するXY面内移動手段と、切削ポイントの位置間で回転刃又は回転軸を回転させつつ移動させる切削ポイント間移動手段と、所定角度を指定された角度に変更自在とする角度変更手段を備えて構成した。 (もっと読む)


【課題】滑らかでかつメリハリのある竿調子を演出できるとともに、当たりの目視し易い釣り竿用竿体を提供する。
【解決手段】元竿以外の穂先竿から元上に適用されるもので、強化繊維群にマトリックス樹脂を含浸させた繊維強化樹脂シートを、細長棒状の芯金に巻回して作成される。繊維強化樹脂シート1の一辺LS1を、繊維強化樹脂シート1が芯金2に巻回される際に、芯金2の軸線方向に平行な状態となる平行直線状に形成するとともに、一辺LS1に対向する他辺LS2、3を竿先端側から竿元側端に向かうに連れてその一辺から離間し、かつ、曲線形状を呈するものに形成してある。 (もっと読む)


1 - 20 / 98