Fターム[2B024DA00]の内容

植物の保護 (2,180) | 被覆材の機能 (424)

Fターム[2B024DA00]の下位に属するFターム

Fターム[2B024DA00]に分類される特許

1 - 20 / 21


【課題】原子力施設などの事故等で飛散または流出した放射性物質を、低コストで効率的に、かつ容易に捕集、除去するための放射性物質吸収剤、その製造装置、その放射性物質吸収剤を用いて放射性物質を除去する除染方法およびその放射性物質吸収剤を収納した袋体を提供すること。
【解決手段】繊維状に解繊し、加湿した植物由来の浸水性高分子物質である解繊セルロースと、粒子状の無機多孔結晶であるゼオライトと混合した放射性物質吸収剤である。 (もっと読む)


【課題】長期間にわたって虫の侵入や付着を抑えることができる虫滑落性フィルムを提供する。
【解決手段】複数の凸部14からなる凹凸構造を少なくとも一方の表面に有し、凸部14間の平均間隔が10μm以下である虫滑落性フィルム10であり、凹凸構造は、陽極酸化アルミナの複数の細孔を転写して形成された複数の凸部からなることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】優れた難燃性と共に雑草抑制効果および飛散防止効果に優れたマルチング材を提供する。
【解決手段】広葉樹および/または針葉樹の樹皮の粉砕物にポリ塩化アルミニウムと水性樹脂エマルジョンを被覆する。 (もっと読む)


【課題】放射能汚染を防除する新規な方法、特に、栽培中に農作物が放射性物質に汚染されないように、放射能汚染を防除する簡便な方法、及びそれに用いる放射線吸収性資材を提供する。
【解決手段】光変換能のある蛍光色素を含有し、放射線を含む低波長域の電磁波を吸収して長波長域の電磁波を放射する樹脂成形体を用いて、放射線を該樹脂成形体に吸収させることにより放射能汚染を防除する。この樹脂成形体は例えばシート状体又はネット状体であり、栽培中の農作物を該シート状体及び/又は該ネット状体で覆うことにより、農作物を放射能汚染から防除することができる。 (もっと読む)


【課題】土の乾燥を防ぎ保水機能を高める土壌表面乾燥防止材であって、専門的な知識を必要とせず土表面に敷くだけで手軽に利用でき、また土表面から飛散しにくく、さらには保肥力を高めるなど土壌改良効果も有し、またそのまま土に返せる環境安全性にも優れる乾燥防止材を提供すること。
【解決手段】保水性を有する粗大有機物と、保水性を有する細粒有機物と、補助保水材として高分子ゲル化剤と、粘土鉱物とを含む土壌表面乾燥防止材であって、最長径が10乃至40mmの粗大有機物と、最長径が4mm未満の細粒有機物との混合により、空気及び水分(水蒸気)の内部流通と透過を可能にする空隙が形成されていることを特徴とする、土壌表面乾燥防止材。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、防曇剤のブリードアウトによる白化が少なく、且つ、初期防曇性及び防曇持続性に優れた農業用フィルムを提供する。
【解決手段】 本発明の農業用フィルムは、エチレン−酢酸ビニル共重合体100重量部、薄片化黒鉛0.005〜2重量部及び防曇剤1〜5重量部を含有し、又は、エチレン−酢酸ビニル共重合体100重量部、薄片化黒鉛0.005〜2重量部及び防曇剤1〜5重量部を含有する中間層と、エチレン−酢酸ビニル共重合体100重量部及び防曇剤0.1〜0.8重量部を含有し且つ薄片化黒鉛を含有しない第一表面層と、直鎖状低密度ポリエチレンを含有する第二表面層とを有するので、農業用フィルムの表面に適切な量の防曇剤を使用初期から長期間に亘って安定的にブリードアウトさせることができ初期防曇性及び防曇持続性に優れている。 (もっと読む)


【課題】 露地栽培やハウス栽培に適した、簡易に設置したり撤収したりすることが出来るような防虫等用の照光器具およびその製造方法を提供する。
【解決手段】 半導体発光素子部と、この半導体発光素子部に電力を供給するための電線部と、から成る障害動植物の活動抑制を行い得る光を発する照光具を、植物を覆うためのネットまたはシートに取り付けて、障害動植物の活動抑制のための照光器具とした。このネットやシートを露地栽培植物の上に直接被せたり複数の支柱を立ててその間に渡したりハウスの柱に掛けるなどして張り、栽培植物を覆うようにするだけで使用出来るようになる。ネット状やシート状であるため広げて張るのが容易であり撤収も容易である。ネットやシートは半導体発光素子とその電線とを支えるベースとなるものであると共に、電線などに外からの引っ張り力が加えられるような時の守りともなる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ヒンダードアミン系光安定剤を用いたとしても黄変及び臭気の発生が抑制され、且つ優れた耐候性及び耐薬剤性を有する農業用ポリオレフィン系樹脂フィルムを提供する。
【解決手段】本発明の農業用フィルムは、ポリオレフィン系樹脂、下記一般式(I)で示される基を少なくとも1個有するヒンダードアミン系光安定剤、及び紫外線吸収剤を含有することを特徴とする。


(式中、R1は、水素原子、−CH2CH2COOC1225、又は−CH2CH2COOC1429である。) (もっと読む)


【課題】
枯死する前の樹木の保護を可能とし、使用時の作業性に優れ、且つ、突起物に対する破れが生じ難く、さらに使用後の人為的回収が省略可能な、樹木巻きつけ用害虫防止フィルム及びその使用方法を提供する。
【解決手段】
構成樹脂としてポリブチレンアジペートテレフタレートを含み、自己貼り合わせにおける剥離強度が0.04N/2.5cm以上であり、幅方向の引張伸びに対する長手方向の引張伸びの比率(長手方向の引張伸び(%)/幅方向の引張伸び(%))が0.3以下であり、且つ、幅方向の引張伸びが、500%以上となるよう生分解性フィルムを構成し、また、上記フィルムの使用方法においては、樹木巻きつけ用害虫防止生分解性フィルムを、長手方向を巻きつけ方向として、二重以上の重なり部分が形成されるまで樹木の幹および/または地表に露出する根から幹にかけて巻きつける。 (もっと読む)


【課題】低重合度の塩化ビニル系樹脂を使用しながら、従来の透明フィルムと同等の全光線透過率を維持しつつ、太陽光の散乱を促し、かつ、表面のべたつきの軽減された農業用塩化ビニル系樹脂フィルムを提供するための農業用塩化ビニル系樹脂組成物を提供する。
【解決手段】平均重合度が1300以上1500未満の塩化ビニル系樹脂100重量部当たり、可塑剤30〜60重量部を含み、前記塩化ビニル系樹脂が、架橋された塩化ビニル系重合体を含む農業用塩化ビニル系樹脂組成物である。 (もっと読む)


【課題】植物への悪影響が少なく、簡単に使用することができる害虫忌避効果の高い害虫忌避材を提供する。
【解決手段】本発明の害虫忌避材10は、生分解性を有する繊維状物12aからなる平板状の成形体12と、前記成形体12に添加された害虫忌避成分14とで構成されていることを特徴とする。又、前記害虫忌避成分14が、植物から得られた天然物由来のものであることを特徴とする。更には、前記生分解性を有する繊維状物12aが木質繊維であり、前記成形体12がランダムに配向された前記木質繊維を成形して得たものであることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、植物の栽培に用いる土壌や固形培地の上に塗布することで、植物の根域部分の養液蒸散を防止し、蒸発熱による根域部分の低温化を防止することを可能とする蒸散防止塗膜材料、蒸散防止塗膜、および栽培方法を提供することを目的とするものである。
【解決手段】 太陽光に曝されることより硬化して水に不溶性となる塗膜材料を、植物が栽培されている土壌や培地の上から植物の根域部分まで塗布し、形成される塗膜により植物の根域部分まで土壌や培地を被覆することで、上記課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】良好なハンドリング性(操作性)及び吸湿性を有し、かつ歩留りがよく、農業用被覆材を始め、ゴルフ場、競馬場、陸上競技場などの芝生養生材、建築土木資材など多方面の緑化資材としての用途に好適な割繊維不織布を提供する。
【解決手段】(A)エチレン−ビニルアルコール共重合体製の割繊維ウェブと、(B)ポリビニルアルコール製の割繊維ウェブ又はエチレン−ビニルアルコール共重合体製の割繊維ウェブとが、接着剤層を介して縦、横に直交積層されてなる2層積層構造の割繊維不織布であって、前記接着剤層を構成する接着剤が、接着樹脂成分としてポリビニルアルコール50質量%以上を含むポリビニルアルコール系接着剤であることを特徴とする、割繊維不織布である。 (もっと読む)


【課題】 育苗の管理が容易となる苗ユニットを提供する。
【解決手段】 透水性及び通気性を有する防草シート部5と、この防草シート部の裏面に重ねて取り付けてある第1及び第2の下シート部6a,6bとからなるユニット本体2と、第1及び第2の下シート部6a,6bによって形成されている収納袋6内に充填してある培土3とを備え、防草シート部5は、その外側が上記第1及び第2の下シート部の周囲を囲むように外側に延伸したスカート部5bを形成し、第1及び第2の下シート部6a,6bは透水性及び通気性を有しており、第2の下シート部が第1の下シート部と上記防草シート部との間に配置されており、苗4は防草シート部及び第2の下シート部6bを介して培土3に植え付けられる。 (もっと読む)


【課題】温室内の保温効果を向上させて暖房に要する燃料消費量を減少させると共に、温室内の結露、作物の損傷も抑制可能な温室用保温シートを提供する。
【解決手段】再生セルロース由来の繊維状物からなる不織布12の両面に低密度ポリエチレン層13,13を押出ラミネート法により積層した積層シート11であって、不織布の目付量は20〜60g/m2であり、積層シートにおける波長800〜2600nmの赤外線分光吸収率が15%以上とする。また、積層シートの一面側に合成樹脂織布21の補強層20を貼り合わせる。 (もっと読む)


【課題】表面の親水性が良好であり、該親水性の耐久性も良好なフィルムを提供する。
【解決手段】熱可塑性樹脂基材、該熱可塑性樹脂基材上に設けられた中間層、および最表面に設けられた親水性層を有し、前記中間層が、テトラフルオロエチレン、クロロトリフルオロエチレンおよびヘキサフルオロプロピレンからなる群から選択される少なくとも1種のフルオロオレフィンに基づく重合単位と、ビニルエーテル、ビニルエステル、イソプロペニルエーテル、イソプロペニルエステル、アリルエーテルおよびアリルエステルからなる群から選択される少なくとも1種の炭化水素系単量体に基づく重合単位とを有するフッ素ポリマー(A)を含み、かつ前記新水性層が無機微粒子(B)を含むことを特徴とするフィルム。 (もっと読む)


【課題】内部に充填した土壌の表面周縁部が降雨の後に沈下し難く、土壌の表面にメッシュを敷設して使用した場合に、土壌表面とメッシュとの間に形成される空隙を可及的に小さくすることができ、風による土壌の飛散を抑制することができる植栽器、及び同植栽器の製造方法を提供する。
【解決手段】上面開放箱形の容器の底面を、その周縁に沿って所定幅を残して切除して本体上部を形成する工程と、前記容器と同形状の容器からなる本体下部上に、前記本体上部を載置接着することにより、内側壁から内側方向へ略水平に張出した張出部を有する容器本体を形成する工程とを有する製造方法により、内部に土壌を充填して植物を植栽する植栽器を製造する。 (もっと読む)


【課題】土壌中において生分解が可能であり、且つ動的な被着面である生分解性農業用マルチフィルムの破断箇所に貼り付けられることが予定されたテープであって、生分解性農業用マルチフィルムに対するテープの粘着性が良好であり、また望ましいテープ強度が示され、且つ手切れ性が良く、畑などの現場において使用感の良好な、生分解性農業用マルチフィルム補修テープを提供する。
【解決手段】脂肪族ポリエステルから構成される生分解性フィルムを基材とし、上記基材の一方の面に生分解性の粘着性樹脂を積層してなる粘着層を備える生分解性農業用マルチフィルム補修テープであって、上記基材を構成する脂肪族ポリエステルとして、少なくとも芳香族脂肪族ポリエステルが含有されており、且つ、該芳香族脂肪族ポリエステルと芳香族以外の脂肪族ポリエステルとの配合比が、質量比で100:0〜20:80であり、生分解性農業用マルチフィルムに対する粘着強度が1N/cm以上であり、引張破断強度が4N/cm以上であり、エレメンドルフ引裂強度が0.2N/cm以上であり、且つ、長手方向引張伸び率が100%以上300%以下であることを特徴とする生分解性農業用マルチフィルム補修テープを形成する。 (もっと読む)


【課題】少ない数量の種子で所望の樹林を創出できる播種構造と、その播種構造に使用する植栽パックを提供する。
【解決手段】本発明に係る播種構造では、地表面(G)に敷設した不透水性シート(1)に通芽用開口(3)を形成し、種子が埋め込み固定された固形播種床材(2)を、該通芽用開口に対する相対位置関係が固定されるよう、該不透水性シートの接地面(B)側に配置する。本発明に係る植栽パックは、上記播種構造の構築に好適に使用でき、該不透水性シートの該接地面側に該固形播種床材の収容部(5)を設け、該収容部に、該種子が埋め込み固定された該固形播種床材を収容したものとなっている。 (もっと読む)


【課題】バックフィルム、キャップフィルムおよびライナーフィルムからなる三層構成の農業用プラスチック気泡シートにおいて、垂直に吊り下げて使用しても断熱性能が高く、紫外線にさらされたときに劣化しにくく、長期の使用に耐える、改良された製品を提供する。
【解決手段】溶融押出ししたポリオレフィンのフィルムを真空成形ロールで成形してキャップフィルム2を得、キャップフィルム2にバックフィルム1を融着し、キャップの頂きにライナーフィルム3を融着する工程によってプラスチック気泡シートを製造する。このとき、真空成形ロールの一方の端が成形キャビティの列を欠くものを使用するとともに、ライナーフィルム3の端をキャップフィルム2とバックフィルム1とが融着したものに融着させることにより、3枚のフィルムが一体となった縁辺4を形成させる。キャップの断面形状の選択により、光線の拡散透過率が高い製品が得られる。 (もっと読む)


1 - 20 / 21