Fターム[2B030CB00]の内容

植物の育種及び培養による繁殖 (7,935) | 実施例、実験例の開示(分化の確認等) (1,021)

Fターム[2B030CB00]の下位に属するFターム

Fターム[2B030CB00]に分類される特許

1 - 8 / 8


【課題】カドミウム等の金属存在下においても、これらに阻害されることなく鉄を特異的に輸送可能な担体タンパク質をコードする遺伝子と、当該遺伝子により形質転換してカドミウム等の金属存在下においても生育に十分な鉄を吸収して健全に生育し、カドミウム蓄積量が低減された植物体を得る。当該形質転換植物体により環境修復を行う方法を提供する。
【解決手段】ヘビノネゴザ由来の特定のアミノ酸配列からなるタンパク質、または該アミノ酸配列において、1個若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列からなり、且つ鉄輸送担体として機能するタンパク質をコードする遺伝子により植物を形質転換する。また、カドミウム蓄積能を有する植物を当該遺伝子により形質転換し、ハイパーアキュームレーターを得て、環境修復を行う。 (もっと読む)


【課題】深刻化する環境ストレスに適応し、劣悪な環境下においてもデンプン・エネルギー集積能力の高い植物およびその製造方法を提供する。
【解決手段】イネα−アミラーゼI−1の特定のペプチド領域及び小胞体膜透過シグナルペプチド領域を含むプラスチド輸送・局在化コンストラクトにより、機能タンパクを小胞体−ゴルジ体系を介してプラスチドへ輸送・局在化させ、プラスチドの機能改変を行うことによりデンプン集積能力の高い形質転換植物を得る。 (もっと読む)


【課題】異なったトマト黄化壊疽ウイルス(TSWV)単離株による感染に抵抗するトランスジェニック植物を作出すること。
【解決手段】TSWV-B S(ブラジリアン単離株)のRNAをクローニングし、該TSWV-Bを特徴付けする。TSMV単離株からの該ヌクレオキャプシドのヌクレオチド配列を含有するトランスジェニック植物は、異なる血清群からのトスポウイルスに対する抵抗性を付与する。加えて、TSWVのレタス単離株からのヌクレオキャプシドのヌクレオチド配列を含有するトランスジェニック植物を作出し、それが同種および近縁双方のウイルス単離株に対する抵抗性を当該トランスジェニック植物で生じる(少量のヌクレオキャプシド蛋白質を産生する植物において)のに対して、多量のヌクレオキャプシド蛋白質を産生する植物は、同種単離株および遠縁のツリフネソウ壊疽斑点ウイルス(INSV)の単離株双方に対して中レベルの保護を有していた。 (もっと読む)


バラの内在性の代謝経路を人為的に抑制し、かつパンジー由来のフラボノイド3’,5’―水酸化酵素をコードする遺伝子を発現させることを特徴とするバラの製造方法。 (もっと読む)


本発明は、非致死性のネガティブ選択マーカー遺伝子を、植物細胞を形質転換するために用いたDNAプラスミドのベクター骨格DNAに組み込んだ。これらの導入遺伝子は、DNAプラスミドのベクター骨格DNAを含む植物細胞中の非致死性の遺伝子産物を発現するように設計される。非致死性のネガティブ選択マーカー遺伝子の遺伝子産物は、植物ホルモン生合成経路、植物ホルモン基質転換、植物ホルモン分解、植物ホルモンシグナリングまたは代謝の干渉に関与する。植物細胞を形質転換するこれらのDNAプラスミドの使用は、商業的に生存可能な植物の生成の増強を提供する。 (もっと読む)


本発明は、組換えDNAのキメラ分子を含むことを特徴とする人工プロモーターに関し、そのプロモーターは任意のクラスの植物細胞にいったん導入された場合、その3’末端に融合した任意のDNA分子の高い発現レベルを促進する。本発明のプロモーター分子の基本的な遺伝子エレメントは、コンセンサスTATAボックスを有するプロモーター核、それに続くエキソン/イントロン/エキソン領域及び翻訳活性強化エレメントであり、それらのすべてが人工的に産生される。器官又は組織に特異的時間応答能を有した発現をもたらすために、転写発現調節エレメントをプロモーターの上流に挿入できる。設計された人工遺伝子エレメントを植物細胞における任意の活性プロモーター及び任意のDNA配列の間に、後者の転写/翻訳レベルを増加させるために機能的に挿入できる。
(もっと読む)


【課題】NMRを利用した植物の代謝解析方法において、13C、15Nのような天然存在比率の少ない核種について測定感度を向上させた代謝解析方法を提供する。
【解決手段】種子または発芽苗から植物を生育する過程において、少なくとも1種の安定同位体によってラベルした栄養源を植物に供給することによって、安定同位体で均一にラベルしたラベル植物を製造し、ラベル植物の個体、個体の一部、または、抽出物について、NMR測定を行うことにより、安定同位体を含有する生体物質の核磁気共鳴情報を取得し、核磁気共鳴情報を用いて、植物における生体物質の代謝を解析する。 (もっと読む)


本発明は、限られた資源、例えばアミノ酸、リボゾーム結合部位および翻訳修飾および後翻訳修飾に関与する酵素の集合体など、に関して異種タンパク質と競合する内在性タンパク質の標的化抑制を通じて、分子的農業のための、植物種子における異種タンパク質の蓄積レベルを増加させるための改良された方法に関する。アンチセンス“阻害”または二本鎖RNA-誘導RNA干渉、または後転写遺伝子サイレンシング(PTGS)のいずれかを使用して、ホルデイン遺伝子の転写活性化に関して得られた、オオムギにおける転写因子の発現を抑制するための方法を提供する。 (もっと読む)


1 - 8 / 8