国際特許分類[A43B13/18]の内容

生活必需品 (1,310,238) | 履物 (4,053) | 履物の特徴;履物の部分 (3,598) | 底;底とかかと底とが結合されたもの (1,127) | 構造に特徴のあるもの (717) | 弾性底 (162)

国際特許分類[A43B13/18]の下位に属する分類

空気底 (66)

国際特許分類[A43B13/18]に分類される特許

61 - 70 / 96


【課題】 特にソール部分に組み込まれた緩衝機能材を外部に露見させるにあたり、露見部の位置や形状等が制約を受けることなく、設計上ないし製造上の自由度に優れた緩衝機能を有する履物並びにその製造方法を開発することを技術課題とした。
【解決手段】 ソール1内に緩衝パーツを組み込んで成る履物であって、前記ソール1は、要緩衝個所に緩衝資材3の受入規制空間13が形成されたものであり、一方、前記緩衝資材3は熱可塑性樹脂製の柔軟なチューブ状のケーシング30内にゲル状の緩衝機能材31が封入されて成るものであり、この緩衝資材3が前記ソール1における受入規制空間13に設けられていることを特徴として成るものであり、汎用化された緩衝資材3を用いることができるため、仕様やサイズの異なる履物毎に個別の成型型を要することがなく、コストダウンを実現することができる。 (もっと読む)


甲部と該甲部に固定されたソールアセンブリ(14)とを含む履物物品を提供する。ソールアセンブリは、下部地面係合表面を有する第1の部分(26)と、上面(27)と、上面内に形成された凹部(28)とを含む。第1の部分の上面は甲部と接触する。第2の部分(36)は第1の部分の凹部内に配置されかつ上面(42)を有し、第2の部分の上面は甲部と接触する。第2の部分は0.25g/cm3未満の密度を有する発泡材料を含む。

(もっと読む)


【課題】シンプルな構造である弾力性ソールでありかつ緩衝性において良好な性能を備えた弾力性ソールを提供する。
【解決手段】ソールの上層の上の足形凹部と、前記足形凹部内に配列された弾力性をもつ複数の中空円筒部とを有し、前記中空円筒部の各々が、アーチ状の面であって閉じることが可能な開放上面を具備する、弾力性ソールである。前記開放上面が、球状の面である。前記中空円筒部の直径が0.5〜2cmである。前記中空円筒部同士の間にゴムが充鎮される。 (もっと読む)


【課題】寿命が長く、製造が比較的廉価な、信頼性及び調節性の高いソールの提供。
【解決手段】複数の足前部支持チューブを備えるインサートを有する、履物製品のソールが、当該ソールの足前部領域のソールの支持特性を制御するように構成される。一実施の形態では、足前部支持チューブはそれぞれ、ベースと、当該ベースから延びる壁とを有する。壁はベースよりも低いデュロメータ値を有する材料から形成される。別の実施の形態では、足前部支持チューブは、上記インサートの外側に延びるにつれて当該足前部支持チューブの少なくとも2つが広がるように放射状パターンで配置される。 (もっと読む)


【課題】 緩衝部材が緩衝機能を発揮している様子を視認できるようにすることにより、緩衝部材に新たな機能を付与することのできる標示手法を開発することを技術課題とした。
【解決手段】 緩衝機能基材Rを目的形状に成型して部材本体1とし、この部材本体1の表面に対して、部材本体1にかかる外力による変形に伴って歪むインジケーション模様2が設けられたことを特徴として成り、インジケーション模様2の状態によって部材本体1にかかっている外力の様子を視認することが可能となる。また従来は触覚でしか知覚できなかった部材本体1の柔軟性や弾性等を、視覚で知覚することが可能となる。またインジケーション模様2は、部材本体1そのものの性状に変化を及ぼしてしまうことが無いため、部材本体1の性状低下を招いてしまうことが無い。 (もっと読む)


【課題】踵接触面をトウ側部より上方傾斜させた高ヒール部を備えるシューズやサンダルにおいて、着地時の安定性を向上させると共に、着地の際の衝撃を緩和する。
【解決手段】靴底のトウ側からヒール側へと延在する長さ方向の中間部でヒール側部を上ヒール部と下ヒール部に分岐させ、下ヒール部の底面をトウ側の底面と連続した接地面とし、上ヒール部はトウ側より所要角度で上方傾斜させ、前記上ヒール部底面と下ヒール部上面との間の空間には、上下ヒール部の分岐位置からヒール側先端に向けた所要位置まで足幅方向の中心部に上ヒール部底面と下ヒール部上面とを連結するブリッジを設けている。 (もっと読む)


【課題】歩行を矯正し、ショックを吸収し、靴底の側部の部分的摩耗を緩和する靴底の提供。
【解決手段】靴底は、柔らかいフロントミッドソール110とフロントアウトソール115を備えたフロントフットパート、硬いリアミッドソール120を備えたリアフットパートを含む。靴底は更に補助ソール200を含む。補助ソール200は、弾性部材220、連結部材210を含む。連結部材210は、連結部材210をリアミッドソール120に結合する内方ねじ切り部と内方ねじ切り部の周りにストップ用突起を備える。靴底は、更にリアミッドソール120の下に具備する結合サポートを含む。各ストップ用突起に対応するストップホールが結合サポート内に形成される。貫通孔が結合サポート内のストップホールの中心に形成され、ボルトを貫通孔を通して内方ねじ切り部へ固定できる。よって、補助ソール200は、ユーザーの歩行の特徴に応じて交換可能である。 (もっと読む)


【課題】改良された素足感覚の運動靴が望まれていた。
【解決手段】この発明の運動靴は、アッパー20とソール30とを有する。そして、ソール30は、ミッドソール32および流体充填チャンバ60を有する。ミッドソール32およびチャンバ60には、共に屈曲ゾーンが形成されている。ミッドソール32は屈曲ゾーンによって隔てられた第1のミッドソール部と第2のミッドソール部とに画成され、前者は屈曲ゾーンにおいて後者に対して回転可能である。チャンバ60の屈曲ゾーンは、例えばチャンバ60における引張要素が存在しない領域であるか、またはチャンバ60の対向面が互いに接合されている領域に存在する。そして、チャンバ60の屈曲ゾーンはミッドソール32の屈曲ゾーンと整列している。 (もっと読む)


アウターソールは、アッパーソールと、アッパーソールの下方に配置されたトレッド層と、アッパーソールとトレッド層との間に配置された弾性ミッドソールとを含む。ミッドソールは、荷重が加わったときの圧縮に抵抗し、ソールの縦軸に対して横断方向に延びる少なくとも1つの浮動ヒンジを含む。浮動ヒンジはそれぞれ、上弾性凸形板ばねと、下弾性凸形板ばねと、これらの板ばねを互いに接合するU字形ばねとを含む。板ばねはそれぞれ、根部と、根部の反対側の頭部とを有する。U字形ばねはそれぞれ、一体に形成された一対の脚を有し、上板ばねはそれぞれ、その根部において、アッパーソールと一体に形成されており、下板ばねはそれぞれ、その根部において、トレッド層と一体に形成されている。それぞれの浮動ヒンジの板ばねはそれぞれ、その頭部において、関連するU字形ばねのそれぞれ一方の脚に一体に接合されている。
(もっと読む)


【課題】改良された履物クッションシステムを提供する。
【解決手段】履物用のミッドソールがミッドソールのクッション作用を改善するためにミッドソール内に位置する少なくとも1つの中実又は中空のクッション作用チューブを含む。好ましくは、ミッドソールは複数のエラストマ材料製クッション作用チューブを含む。これらのチューブはクッションシステムのクッション作用および安定特性を変えるために互いに直径及び/又は壁厚を変えることができる。各チューブもその長さに沿って直系及び/又は壁厚を変えることができる。 (もっと読む)


61 - 70 / 96