国際特許分類[G01N33/53]の内容

国際特許分類[G01N33/53]の下位に属する分類

国際特許分類[G01N33/53]に分類される特許

1 - 10 / 7,393



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273


Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_ipc_list.php on line 273

【課題】迅速に検査結果を得ることができる測定チップ、センサシステム、測定方法を提供する。
【解決手段】捕捉物質スポット101と、非捕捉物質スポット102とを測定チップ1の測定流路12に固定し、この測定流路12にサンプルを流通させ、サンプルが測定流路12を流れる際の流速とサンプル中の物質と各捕捉物質との吸着速度を測定する。これにより、ダイアグラムの各ノードに示される検査を並列に実行できるので、測定時間を短縮することができる。 (もっと読む)


【課題】濃縮プロセスのモニタリングに用いることができる方法を提供すること。
【解決手段】陰性対照配列および陽性対照配列をDNAライブラリーに加える、または陰性対照配列および/もしくは陽性対照配列をライブラリーから選ぶステップ(901)と、陰性対照配列の捕捉前の量および陽性対照配列の捕捉前の量を決定するステップ(902)と、捕捉後ライブラリーを作製するためにベイト配列を用いてDNAライブラリーからの標的配列の濃縮を行うステップ(903)と、捕捉後ライブラリーにおける陰性対照配列の捕捉後の量および陽性対照配列の捕捉後の量を決定するステップ(904)と、陽性対照配列の捕捉後の量、陰性対照配列の捕捉後の量、陽性対照配列の捕捉前の量、および陰性対照配列の捕捉前の量に基づいて、標的濃縮の効率を決定するステップ(905)とを含む、DNAライブラリーからの標的濃縮の効率を決定するための方法(900)。 (もっと読む)


1 - 10 / 7,393