ハーモネット株式会社により出願された特許

1 - 3 / 3


【課題】移動のために取り外したLAN用モジュラープラグRJ45付ケーブルを持ち運ぶ場合、LAN用モジュラープラグRJ45の変形や傷付きを防止すると共に、紛失の可能性のないモジュラープラグRJ45保護キャップを提供する。
【解決手段】LAN用モジュラープラグRJ45先端にLAN用モジュラープラグRJ45保護キャップ1を取付ける。またLAN用モジュラープラグRJ45先端の抜け止め用つめ片11を押し下げると、簡単に外れる構造となっている。LAN用モジュラープラグRJ45付ケーブル12を機器等に接続した場合、RJ45モジュラープラグ保護キャップ1は不要となり、紛失することが考えられるが、LAN用モジュラープラグRJ45付ケーブル12に紐状のストラップ5をひばり結びで取付け一体化することにより、紛失を防ぐことが出来る。 (もっと読む)


【課題】 従来の製品では、両端にLAN用モジュラープラグRJ45を取り付けたLANケーブルを延長する際に、両端にLAN用モジュラープラグRJ45の挿入口を持つ中継アダプタを用い、2本の両端にLAN用モジュラープラグRJ45を取り付けたLANケーブルを接続する必要があった。LAN用モジュラージャック部分を金属製家具等金属製品に固定する際には、両面粘着剤付きテープ等を必要とした。
【解決手段】 LANケーブルの片端にLAN用モジュラープラグRJ45を取り付け、もう一端には金属製家具等金属製品に取り付けるための磁石を封入した箱状のLAN用モジュラージャックを取り付け、その一端に他のLAN用モジュラープラグRJ45を取り付けたLANケーブルが接続できる挿入口を設けた。 (もっと読む)


【課題】前記モジュラープラグの抜け止め用つめ片の保護、挿抜性の向上、前記モジュラープラグとモジュラープラグ用保護具の連結時の抜け防止、通信機器、ネットワーク機器の隣接する挿入孔間での接触がなくなるようにした。
【解決手段】平型ケーブルが貫通する挿通口(1)を備えた平たい筒状体(7)の前方の壁が上方及び下方に彎曲して肉厚となされており、前方上部には彎曲して前方に延びたひさし(3)を有し、筒状体(7)の前端(8)には上記挿通口(1)の上下に二つのほぼ同一の長さの舌片状に延設したケーブル挿入ガイド(4、5)を設け、下方のケーブル挿入ガイド(5)には方形の窓(6)が設けられていることを特長とするケーブル付モジュラープラグ用保護具(10)。 (もっと読む)


1 - 3 / 3