多足組ストッキングの包装形態

【課題】 店頭に陳列するときに、従来の多足組ストッキングとは包装外観が何ら変らず、ゴミとなる中台紙の使用枚数を大幅に削減することができて資源の無駄使いを最小に抑え、多足組の足数の確認も容易で、しかも個包装されたものは形態にも便利で邪魔にならない大きさとした多足組ストッキングの新規な包装形態を提供する。
【解決手段】 ストッキング1の1足を中台紙2を用いて扁平にまとめて透明フィルムの内袋3に収容したものを透明フィルムの外袋5内の一番手前に入れ、その後ろ側には残るストッキングを中台紙を用いることなく小さく折り畳んでそれぞれ透明フィルムの同大の小袋6に収容して上下に整列するように入れ、これら全てのストッキングは外袋内で上記内袋内のストッキングが正面から一部見えるような形状の合紙4により囲まれまとめられてなる。

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、パンティストッキング、ロングストッキング、ショートストッキング等の極細糸で編成されたストッキング類(以下、単にストッキングという)を多足組として販売する場合の包装形態に関するものである。
【0002】
【従来の技術】この種のストッキングを多足組、例えば3〜5足をワンパックとして販売する場合、従来は例えば図4(5足組の場合)に示すように、1足毎に比較的堅い白色四角形の中台紙2をストッキング1の片脚だけに広げるように挿入し、他方の脚の一部を中台紙2の前面に部分的に重なり合うように巻き回して、他の部分は中台紙2の背後に折り畳むようにまとめ、この全体を中台紙2とほぼ同じ大きさの透明フィルムの内袋3中に入れて、前面から見るとそのストッキングの柄や色合いが一目で分かるようにし、この同様の方法で個包装された所定足数をサイズや商標、メーカーや絵などが印刷表示された正面から見て最前列のストッキング1aが一部見えるような形状と大きさの合紙4にまとめ、さらにこれをマチ付きの大きな透明フィルムの外袋5内に入れて最終包装形態の製品としている(図5参照)。
【0003】しかしながら、この従来の多足組ストッキングの包装形態は、中台紙2をその足数分だけ使用しており、ストッキングを着用するときには、この中台紙2が不要となってゴミとなるので、多足組ストッキングを生産量を考えると、膨大な量の中台紙2が捨てられていることとなる。
【0004】また、従来の多足組ストッキングでは、前記のように1足毎に全て同じ包装形態をとっているので、数量不足を生じる危険があるばかりでなく、全体にかさばってしまい、しかも個包装自体が大きな扁平形状をなすので、小さなハンドバッグ等には入りきらず、携帯にも難があった。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、店頭に陳列するときに、従来の多足組ストッキングとは包装外観が何ら変らず、ゴミとなる上記中台紙の使用枚数を大幅に削減することができて資源の無駄使いを最小に抑え、多足組の足数の確認も容易で、しかも個包装されたものは形態にも便利で邪魔にならない大きさとした多足組ストッキングの新規な包装形態を提案するものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】即ち、本発明はストッキングの1足を中台紙を用いて扁平にまとめて透明フィルムの内袋に収容したものを透明フィルムの外袋内の一番手前に入れ、その後ろ側には残るストッキングを中台紙を用いることなく小さく折り畳んでそれぞれ透明フィルムの同大の小袋に収容して上下に整列するように入れ、これら全てのストッキングは外袋内で上記内袋内のストッキングが正面から一部見えるような形状の合紙により囲まれまとめられてなることを特徴とする多足組ストッキングの包装形態に関するものである。
【0007】なお、上記の小袋はミシン目を介して一列に連続した連袋に構成することもできる。以下、本発明の実施の形態を図により説明する。
【0008】
【発明の実施の形態】図1は、本発明による5足組のパンティストッキング1a〜1eの包装形態の一例を包装の工程順に示す説明図で、前面に来る1足のパンティストッキング1aだけは外部から色や柄が分るように、従来と同様の個包装、即ち中台紙2を使用して扁平にまとめ、透明フィルムの内袋3に収容する。
【0009】そして、残る4足1b〜1eについては、中台紙2の横幅とほぼ同じ幅となるようにパンティストッキング1b〜1eをまずその長さ方向と平行に折畳み、次いでこれと直角方向に数回折畳んでそれぞれ透明フィルムの同大の小袋6に収納する。この小袋6は内袋3と同横幅であるが、底部にマチがあり、折り畳んだ上記ストッキング1a〜1eがそれぞれスッポリ入る大きさであって、該小袋6と一体に連設された舌状蓋6aを閉めて接着テープ7止めしたときの高さが、5足組のときは中台紙2の高さ(縦幅)のほぼ1/4であり、4足組のときはほぼ1/3、3足組のときはほぼ1/2となるようにする。
【0010】これらを5足組とする場合、中台紙2を用いた内袋3入りのストッキング1aを手前にし、その後側に上下にそれぞれ小袋6入りの他の4足のストッキング1b〜1eを積み重ねるようにして箱型に折曲形成した合紙4でまとめ、透明フィルムの外袋5に収納して最終包装形態とする(図2参照)。
【0011】なお、通常ストッキングの多足組では、色、柄、素材全てが全く同一の商品を一組とするが、前面に来るストッキング1a以外のものの色、柄等も消費者が確認する必要があることから、少なくとも箱型の合紙4の厚さ方向からは上下に積上げたストッキング1b〜1eがのぞけるようにしておく。
【0012】図3は、本発明による包装形態の他の例を示すもので、前面に来るストッキング1aは上記と同じく、中台紙2を用いて色、柄等をよく見せるように扁平にまとめて内袋3に収納したものを使用することは従来と同様であるが、その背後に来る4足のストッキング1b〜1eを1足づつ入れる同大の小袋6が切り離し容易なミシン目8を介して1列に連続した連袋7に構成されている。この連袋7も透明フィルムよりなり、各小袋6毎にポケット状の挿入口9が形成され、前記と同様にしてやや扁平に折り畳んだストッキング1b〜1eを挿入し、小袋6に一体に連設された舌状蓋6a内端面に塗着された接着剤10を利用して該蓋6aを閉じる。
【0013】このように4連に構成されて収納された4足のストッキング1b〜1eは、中央のミシン目8で二つ折りにし、内袋3入りのストッキング1aの背後に置き、あとは前記と同様に合紙4でまとめて透明な外袋5に収納して最終包装形態とするのである。
【0014】
【発明の効果】本発明によるパンティストッキングやロングストッキング等の多数組ストッキングの包装形態は上述のようにしてなり、透明な包装外袋内の一番手前のストッキングだけは従来と同様に中台紙を用いてストッキングの色や柄等をはっきり見せるようにし、残りのストッキングは透明な小袋に収納してその後側に整列するように入れるので、従来の多足組の包装と外観は全く変わらずに、ストッキングを使用するときにはゴミとなってしまう中台紙の使用枚数を大幅に減少させることができるのである。
【0015】また、本発明の多足組の包装形態によれば、包装能率も向上して、包装コストを大幅に低減でき、側方からの目視により足数を簡単に確認できるので、数量不足の発生も防止でき、さらに多足組をコンパクトに収納できるので、包装全体の厚さも従来より薄くすることができる。
【0016】また、後側に配置する小袋入りのストッキングは小さなハンドバック等にも簡単に入るので邪魔にならず、携帯にも便利である。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明による多足組ストッキングの包装形態の一例で、5足組のパンティストッキングの包装の工程を示す説明図である。
【図2】 図1の例による最終包装形態の斜視図である。
【図3】 本発明による他の包装形態の包装の工程の途中までを示す説明図である。
【図4】 パンティストッキングの5足組を例とした従来の包装形態の包装の工程を示す説明図である。
【図5】 図4の従来例による最終包装形態の斜視図である。
【符号の説明】
1−パンティストッキング
2−中台紙
3−透明内袋
4−合紙
5−透明外袋
6−透明小袋
7−連袋
8−ミシン目
9−挿入口
10−接着剤

【特許請求の範囲】
【請求項1】 ストッキングの1足を中台紙を用いて扁平にまとめて透明フィルムの内袋に収容したものを透明フィルムの外袋内の一番手前に入れ、その後ろ側には残るストッキングを中台紙を用いることなく小さく折り畳んでそれぞれ透明フィルムの同大の小袋に収容して上下に整列するように入れ、これら全てのストッキングは外袋内で上記内袋内のストッキングが正面から一部見えるような形状の合紙により囲まれまとめられてなることを特徴とする多足組ストッキングの包装形態。
【請求項2】 前記小袋はミシン目を介して一列に連続した連袋に構成されてなる請求項1記載の多足組ストッキングの包装形態。

【図1】
image rotate


【図2】
image rotate


【図3】
image rotate


【図4】
image rotate


【図5】
image rotate


【公開番号】特開2002−332083(P2002−332083A)
【公開日】平成14年11月22日(2002.11.22)
【国際特許分類】
【出願番号】特願2001−134798(P2001−134798)
【出願日】平成13年5月2日(2001.5.2)
【出願人】(000000398)アツギ株式会社 (13)
【Fターム(参考)】