新村印刷株式会社により出願された特許

1 - 4 / 4


【課題】複数のコンドーム包装体を変形させることなくコンパクトで且つ薄くさらに脱落不能に保持する。
【解決手段】保持部1の各係止手段1aに複数のコンドーム包装体Bをそれぞれ係止することにより、各コンドーム包装体Bの一部が重なり合って保持される。さらに保持部1に対し被覆部2を折り曲げて重ね合わせることにより、複数のコンドーム包装体Bが保持部1と被覆部2との間に平面状に挟み込まれて形状保持されるとともに、各コンドーム包装体BのコンドームCが係合凹部2aに入り込んで位置決めされる。 (もっと読む)


【課題】 奥行きに対する幅の比率が大きい場合にも、コストアップを伴うことなく自動ロックが可能で、かつ充填後には収容物の抜き取りや改ざんを防止可能な多重自動ロック式紙箱を提供する。
【解決手段】 箱を起こした後に逆方向に戻らないようにロックし合うことにより底板を平面状に保持するとともに箱形を維持するためのタブ64、74は、完成した箱形における底面のセンター位置からいずれか一方の端に近づく方向にずれた位置でロックし合うように各底板フラップ60、70から突出しており、さらにセンター位置から他方の端に近づく方向にずれた間の位置で係止し合うように各底板フラップ60、70にはそれぞれ係止突起66、係止溝76が設けられている。 (もっと読む)


【目的】 コストの増大、自動化作業性の低下および容器の収容本数を減らすことなく、外函に衝撃が与えられても収容された容器同士が衝突することを防止でき、外函内に収納した際の復元力による浮き上がりを防止することが可能な容器支持用中仕切を提供する。
【構成】 容器90が挿入される孔18aを複数有し、この孔18a内に複数の容器90を起立させながら互いに隔離した状態で支持する支持板14を備え、この支持板14の少なくとも孔18aと孔18aとの間の領域を複数のシートを積層した構造にした。 (もっと読む)


【目的】 コストの増大、自動化作業性の低下および容器の収容本数を減らすことなく、外函に衝撃が与えられても収容された容器同士が衝突することを防止でき、外函内に収納した際の復元力による浮き上がりを防止することが可能な容器支持用中仕切を提供する。
【構成】 容器90が挿入される孔18aを複数有し、この孔18a内に複数の容器90を起立させながら互いに隔離した状態で支持する支持板14を備え、この支持板14の少なくとも孔18aと孔18aとの間の領域を複数のシートを積層した構造にした。 (もっと読む)


1 - 4 / 4