エスアンドティ株式会社により出願された特許

1 - 10 / 53


【課題】
貯留タンクから排出時に発生する土埃・塵埃を吸引すると共に、シャッタの開閉動作で発生する土埃・塵埃とシャッタ板の上面に溜まる粉粒物を取り除くことによって、たとえシャッタ板が結露した状態に至っても、シャッタ板付近を通風して乾燥することで、粉粒物と土埃・塵埃の固着を防止し、良好なシャッタの開閉動作を可能とする。
【解決手段】
粉粒タンク供給部には、搬送体上に粉粒物の排出量調整を行う調整板を備えた排出部と、搬送体の稼動方向下流側にシャッタ板とその駆動部と、シャッタ板の開状態でその表面に外気を通風できる吸引口を備えるシャッタケースからなるシャッタ部と、シャッタ部のシャッタケース下方には、排出部と空間をもって、シャッタケース内部の集塵空間と連通する集塵フードを備え、前記集塵空間には外部の吸引装置と連通するシャッタ吸引口を設けた構成とした。 (もっと読む)


【課題】 作動中の選別能力および細塵飛散防止ともに良好な状態を維持できる穀物選別装置を提供する。
【解決手段】 穀物選別装置1は、多孔選別板2で上下に仕切ってその上部を選別室3とし、かつその下部を圧風送風機5による圧風送風室4とした選別閉空間6と、選別室3の上方に連なる排塵のための吸引閉空間7とを備える。吸引閉空間7の上部には負圧調整室8を形成してその内部に多孔筒状フィルタ10を設ける。吸引閉空間7内の空気を負圧調整室8を経て吸引排風機9により吸引排出する。負圧調整室8と圧風送風機5の吸引側とを連通させて選別室3に多孔選別板を透過して送風される圧風の風圧を自動平衡調整するようにする。 (もっと読む)


【課題】 米麦及び豆仕様の穀物乾燥機であっても、小粒の菜種、粟、稗、胡麻、砕け米等を乾燥部を良好に流下させ、排風胴及び吸引送風機から小粒乾燥物を機外に排出させない循環穀物乾燥装置を提供する。
【解決手段】 循環穀物乾燥装置の乾燥部を構成する、乾燥通路の排風層に、排風層と乾燥層を仕切る隔壁多孔板と平行に若干の距離をもって、隔壁多孔板の孔の径より、若干小径の多孔板で構成される層内多孔板を設ける。この層内多孔板は、排風室から着脱自在であって、排風層出口方向に設置されている。 (もっと読む)


【課題】燃焼部にペレット状固形燃料を偏り無く供給して、ペレット状固形燃料を均等燃焼させることができるペレット状固形燃料燃焼装置を提供する。
【解決手段】ペレット状固形燃料を燃焼部3に連続または適時間間隔で供給して燃焼するペレット状固形燃料燃焼装置であって燃焼部3にはその一側上方からペレット状固形燃料を流下させる供給樋13を備えている。燃焼部3には供給樋13から流下するペレット状固形燃料の流下経路に、流下するペレット状固形燃料を拡散させる棒状体14を配置してある。 (もっと読む)


【課題】 上部の貯留タンクと下部の搬送部に分離可能な固形燃料供給タンクにおいて、貯留タンクが搬送部に対して平面方向に回転角を変更して、即ち貯留タンクが回転してどちらを向こうとも、貯留タンクの排出口と搬送部の供給口が隙間なく密着して、安定して接合できる固形燃料供給タンクを提供する。
【解決手段】 貯留タンク2の排出口と搬送部3の供給口12は同形状の円であって、その円心を半径として貯留タンク2の脚10と、搬送部3のフレーム15の帯体19が重なる構成とした。 (もっと読む)


【課題】 上部の貯留タンクと下部の搬送部に分離可能な飼料供給タンクにおいて、貯留タンクが搬送部に対して平面方向に回転角を変更して、即ち貯留タンクが回転してどちらを向こうとも、貯留タンクの排出口と搬送部の供給口が隙間なく密着して、安定して接合できる飼料供給タンクを提供する。
【解決手段】 貯留タンク2の排出口と搬送部3の供給口12は同形状の円であって、その円心を半径として貯留タンク2の脚10と、搬送部3のフレーム15の帯体19が重なる構成とした。 (もっと読む)


【課題】 生育後に各栽培トレーごとに収穫するだけで均等に混合した混合野菜を鮮度を保ちながら容易に得ることができる混合野菜の方法を提供する。
【解決手段】 栽培トレー1を用いて異なる品種の野菜を混合栽培する方法である。栽培トレー1は、縦横に列をなす多数の植込部を有する。栽培トレー1に異なる品種の野菜種子を縦列又は横列に播種して生育する。野菜の生育後、栽培トレー1ごとに生育野菜をその葉元部から切り落として収穫し、異なる品種の混合野菜とする。栽培トレー1には、葉幅が狭く葉柄が細い品種、葉幅が広く葉柄が短い品種、害虫を寄せ付けない品種、害虫がつきやすい品種などを列ごと又は混在状に配置して植え付け、生育するのが好適である。 (もっと読む)


【課題】 籾殻貯留庫の空間を上方の隅まで籾殻を堆積させることが出来る籾殻収容率を高くすると共に、堆積する籾殻を攪拌し、籾殻排出時に籾殻貯留庫内に残留した籾殻又はブリッジを形成した籾殻を攪拌して籾殻貯留庫の底面の籾殻落下口から良好に籾殻を排出できる籾殻貯留庫の排籾殻ダクトを提供する。
【解決手段】 籾殻貯留庫の略全長に渡って、その周面の一列の複数の排風口が上下方向にその向きを転換できるようにダクトを構成し、排風口から籾殻及び排風を噴出させ、左右方向に首振り転換しながら籾殻貯留庫内に均等に籾殻を堆積させるように構成し、左右方向に首振り転換しながら籾殻貯留庫内に残留した籾殻を、ダクトの排風口から排出する排風よって攪拌移動させる構成とした。 (もっと読む)


【課題】 水分を多く含んだ乾燥初期のオガ粉がオガ粉排出口に入り込んで詰まったままの状態となるのを未然に防止し、乾燥終了後の乾燥オガ粉の排出を常に円滑にできるようにしたオガ粉乾燥装置を提供する。
【解決手段】 オガ粉乾燥用のビン1は、通気床2により区画して上部にオガ粉貯留室3をかつ下部に通気室4を形成してある。ビン1は円筒状である。通気床2の中央部にオガ粉排出口6を設ける。オガ粉排出口6側を公転中心としてビン1内周近傍まで延びるオガ粉排出オーガ10を設ける。オガ粉排出オーガ10の公転中心側にはその回転螺旋体を自転させる駆動源12を備える。オガ粉排出オーガ10の先端部には回転螺旋体と一体に走行輪17を設ける。通気床2の中央部には、オガ粉排出口6の上部をオガ粉排出オーガ10の周囲に開口部16が形成されるように覆うカバー15を設ける。 (もっと読む)


【課題】 ベビーリーフ野菜の茎及び葉の屈曲を防止して茎、葉及び培養土に日光の照射と空気の循環を促して、病気の発生を防止し、健全なベビーリーフ野菜の生育を可能とするほか、作業者の簡単な手作業で、二重刈りなどが無い良品質な本葉だけを短時間で収穫可能とする、ベビーリーフ野菜の栽培方法及びその栽培トレイを提供する。
【解決手段】 ベーストレイと補助トレイと蓋体から構成されている栽培トレイのベーストレイの上方に、補助トレイと蓋体を順に重ね合わせ、ベーストレイの培養土に播種したベビーリーフ野菜の子葉が補助トレイ内に納まるよう、そして本葉は補助トレイと蓋体の開口面を通過して生育し、収穫時には補助トレイと蓋体の密着面を若干開放してその面をカット面として収穫できるようにした。 (もっと読む)


1 - 10 / 53