ダイキン工業株式会社により出願された特許

1 - 10 / 7,604


【課題】水平フラップを備える空調室内機において、従来に比べて出力の大きなモータへ変更することなく、空調室内機の水平フラップの動作時間を短縮する。
【解決手段】水平フラップは、時刻t7から時刻t8までの水平フラップ30の第2姿勢変化状態の駆動が可能なリンク駆動用モータのトルクよりも時刻t6から時刻t7までの水平フラップ30の第1姿勢変化状態の駆動が可能なリンク駆動用モータのトルクの方が小さくなる構成である。室内制御部は、第2姿勢変化状態を制御する第2制御モードよりも第1姿勢変化状態を制御する第1制御モードの方がリンク駆動用モータの単位時間当たりの回転数が大きくなるように設定されている。 (もっと読む)


【課題】電磁加振力の(2p+1)次の高調波成分を低減できる回転電機を提供する。
【解決手段】ティース33の一つの対向面36は、軸Pを中心とした仮想円弧A1に沿う円弧形状と、円弧形状に対して回転子1の回転方向とは反対側において仮想円弧A1よりもバックヨーク30側に近い凹形状37とを有する。凹形状37上のうち固定子3の中心から最も遠い最深点37aは、延在部31の周方向における中心31aから回転方向とは反対側の(30/p)度までの領域内に位置する。 (もっと読む)


【課題】金属電極を有する集塵装置において異常放電を防止して集塵効率を向上させる。
【解決手段】空気清浄機は、複数の横桟部材(42,52)と複数の縦桟部材(43,53)とが複数の通風孔(46,56)が形成されるように縦横に交叉して格子状に構成された互いに対向する一対の電極(40,50)を備えている。集塵電極(40)は、両桟部材(42,43)が金属板によって形成された金属電極に構成されている。集塵電極(40)の横桟部材(42)の先端には、端辺を折り返した折返し部(45)であって、折返し線(47)が該折返し線(47)の端部(47a)が対向する高圧電極(50)の壁面(53)に対面しないように湾曲部を有する折返し部(45)が形成されている。 (もっと読む)


【課題】ウェルドの発生を抑制できるローターの製造方法を提供する。
【解決手段】ローターの製造方法は、複数のスリット1が電動機101の回転軸103の軸方向に貫かれたローターコア7を準備する工程と、射出成形機から可塑性樹脂をバインダとして供給される磁石が複数のゲート25を通過しキャビティー9に導入されるインサート金型を準備し、ローターコア7をキャビティー9に挿入する工程と、射出成形機から供給される磁石37を、複数のゲート25から複数のスリット1のそれぞれの両端27へ導く工程とからなる。 (もっと読む)


【課題】フッ素樹脂を主な材料とするフィルムにおいて、高誘電率化と誘電正接の低減化を両立させる。
【解決手段】フィルム(17)は、フッ素樹脂と、フッ素樹脂の比誘電率(εr)の20倍以下になる比誘電率(εr)で、且つフッ素樹脂の誘電正接(tanδ)よりも低い誘電正接(tanδ)である誘電体セラミックスとを含んでいる。 (もっと読む)


【課題】冷凍サイクルの効率を高めつつ、水噴霧に起因してピーク電力が大きくなるのを抑制できる空気調和機を提供する。
【解決手段】空気調和機1は、冷媒回路5に設けられた室外熱交換器13と、室外熱交換器13に向かう空気に水を噴霧するための二流体ノズル21及び二流体ノズル21に送る圧縮空気を作る空気圧縮機17を有する噴霧機構20と、噴霧機構20を制御する噴霧機構制御部4aと、を備えている。噴霧機構制御部4aは、二流体ノズル21からの水噴霧の開始時よりも前に、空気圧縮機17を作動させて圧縮空気を作る制御を実行する。 (もっと読む)


【課題】推定精度を向上して線電流を推定できる電力変換装置を提供する。
【解決手段】線電流検出部3は交流電圧の一周期のm倍をnで除算した期間毎のタイミングで、交流線に流れる少なくとも二相の線電流の瞬時値を少なくともn回連続して検出する。直流成分抽出部512,513は少なくとも二相の線電流の瞬時値を三相の固定座標系から二相の固定座標系に変換して得られる二つの線電流の瞬時値又は少なくとも二相の線電流の瞬時値である二つの電流の瞬時値の、一連のn個の平均を、それぞれ二つの電流の直流成分として求める。推定部53は一のタイミングにおける二つの電流の瞬時値からそれぞれ直流成分を除いて一のタイミングにおける二つの電流の交流成分の瞬時値を求め、交流成分の瞬時値と、二つの電流の基本波成分についての波形の式とに基づいて、所定の時点における交流成分の瞬時値を推定する。 (もっと読む)


【課題】切換弁の切換位置においても、油圧ポンプ装置から吐出される余剰な油を有効に利用することができる油圧エネルギー回生装置を提供する。
【解決手段】第1、第2切換弁2A,2Bは、中立位置および切換位置において開放するバイパス通路を有する。これによって、切換弁2A,2Bが中立位置にあるとき、可変容量型油圧ポンプ1から吐出される油は、バイパス通路を介して、回生用油圧モータ62に供給され、発電機63に利用される。一方、切換弁2A,2Bが切換位置にあるとき、油圧アクチュエータ8A,8Bを安定して操作するために可変容量型油圧ポンプ1から吐出される余剰な油は、回生用油圧モータ62に供給され、発電機63に利用される。 (もっと読む)


【課題】ローターコアのスリットに磁石を適切に充填でき、しかも製造コストの安価なローター、及びローターの製造方法を提供する。
【解決手段】ローター1は、電動機の回転軸9を中心に回転する複数のコアシート11,13を回転軸9の軸方向に積層し、複数のコアシート11,13を軸方向に貫く複数のスリット3が形成されたローターコア5と、複数のスリット3に充填された磁石とを備える。複数のコアシート11,13のうち1つ以上のコアシート11,13に、複数のスリット3を横切るように延びる連通スリット27が形成されている。ローターコア5は、連通スリット27の形成されたコアシート13がローターコア5の端部29に配置される。 (もっと読む)


【課題】電気分解を利用してスケールを除去する過程において生じるガスを容器から適切に排出することができる電気分解装置及びこれを備えたヒートポンプ給湯機を提供する。
【解決手段】電気分解装置41は、水を加熱するための水熱交換器21を備えたヒートポンプ給湯機に用いられ、水に含まれるスケール成分を除去するためのものである。電気分解装置41は、水入口43及び水出口45を有する容器47と、容器47内に配置された複数の電極51,52と、水出口45よりも高い位置に設けられ、容器47内の水の排出を阻止しつつ容器47内のガスを容器47外に排出するガス排出部70と、を備える。 (もっと読む)


1 - 10 / 7,604