トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社により出願された特許

1 - 10 / 26


【課題】 ブラジャーの着用時に、肩紐が肩からずり落ちないようにする。
【解決手段】 肩紐1は伸縮性の織物10からなり、織物10は、表組織と裏組織からなる。
表組織は、表経糸11と緯糸12が交差して形成される。裏組織は、裏経糸13,14がそれぞれ緯糸12と交差して形成される。裏経糸13は、二つの裏経糸13A,13Bがそれぞれ緯糸12と異なる交差構造を有する。さらに、裏経糸14は、二つの裏経糸14A,14Bがそれぞれ緯糸12と異なる交差構造を有する。裏組織がこのような交差構造となることにより、裏組織には凹凸が形成される。
伸縮性を有する共通糸15を、緯糸12と交差するように配置することによって、織物10が伸縮性を有する。
織物10でできた肩紐1を有するブラジャー2を着用することにより、肩紐のずり落ちを防ぐことができる。 (もっと読む)


【課題】 バストを支えると共にバストの形を整え、着用時に窮屈感のないブラジャーの提供。
【解決手段】 カップ1a,1bは表生地7と裏生地8を有し、該表・裏生地7,8の間にクッション性に優れた2枚の弾性シート9.9を挟み、そして両弾性シート9.9の間であってカップ下側外周縁部には湾曲したシート生地6を挟み込み、該シート生地6の内周部10はカップ領域に、またシート生地6の外周部11はカップ領域からはみ出し、しかもシート生地6は伸縮性をもたないで、ある剛性を備えている。 (もっと読む)


【課題】
ブラジャーの着用時に、ワイヤーが乳房の下縁部からずれないようにする。
【解決手段】
ブラジャー1のカップ部2の肌側に非伸縮性を有するリフトアップパーツ9を設ける。リフトアップパーツ9は、その上端部9Aがストラップ5のカップ側端部と共にカップ部2の上端部2Aに、下端部9Bがカップ部2の下縁2Bにそれぞれ縫着されている。カップ部2の下縁2Bは伸縮性を有するメッシュテープ6を介して、ワイヤーが封入されているワイヤーチャネル7と離れている。 (もっと読む)


【課題】
ボトム衣料において、1枚の生地で多段の緊締力の変化をし、さらに、体の各部を適切な力で押さえる。
【解決手段】
オパール加工によって、緊締力の強い部分と弱い部分を形成し、薬品による減量速度の遅い部分の面積や形状を適宜変更することにより、ボトム衣料において、腹部や脚部を適切な力で締め付ける。ガードル1において、腹押さえ部21の緊締力が最も強く、次いで、大腿内側側部22、後側緊締部23の順に緊締力が弱くなっていくように、各部21,22,23において、P部とQ部の面積と個数を調整する。 (もっと読む)


【課題】
ブラジャーキャミソールのようにブラジャー部の外に身頃がある衣料においても、外側から見えることなくブラジャー部のアンダーバストの長さ調整を可能にする。
【解決手段】
ブラジャー部5の土台部52の脇側両端に取り付けられた連結具8が、脇布53に縫着された伸縮性テープ7に設けられた複数の連結用スペース71に対して、カップ51の下縁近傍において、着脱可能となっている。任意の連結用スペース71に連結具8を取り付けるか、或いは、連結用スペース71から連結具8を完全に外すことにより、ブラジャー部5のアンダーバストの長さを調整できる。 (もっと読む)


【課題】乳房脇部の肉がブラジャー着用時に、ブラジャーからはみ出さないようにする。
【解決手段】カップ2の脇部21の横側と、バック布4の上辺41の上側の所定箇所を占める脇部押さえ布6を、ブラジャー1に縫い付ける。具体的には、カップ2の上端部近傍とバック布4の上辺41の所定位置を結ぶ略直線と、カップ2の上端部近傍から脇部21を通ってバック布4の上辺41の所定位置に至るブラジャー1に沿った曲線で囲まれた領域を有する脇部押さえ布6を、脇部21と上辺41に沿って縫い付ける。 (もっと読む)


【課題】肋骨を支えて肩甲骨の動きをスムースにする。
【解決手段】ブラジャー1のバック布4に2本のボーン45,46を斜めに縫着し、ワイヤーチューブ6とボーン45の間に、伸縮テープ7を設ける。さらに、係止部47,48の近傍に伸び止め部49を設ける。非伸縮性生地からなる土台部3と伸び止め部49は、ブラジャー1を着用しても伸縮せず、固定点の役割を果たす。着用者が呼吸をした際に、伸縮性テープ7を含むバック布4が伸縮し、ボーン45,46は、ブラジャー1の着用時に肋骨に平行になるように設計されているので、呼吸の際に肋骨の動きを支える働きをし、その結果、肩甲骨の動きをスムースにする。 (もっと読む)


【課題】姿勢の悪化による腰痛や肩こりを防止、治療するため、背部をサポートする機能を持たせるとともに、腹部をサポートする機能を持たせて、姿勢を矯正する下着を提供する。
【解決手段】ボディシェイパー1の前身頃2に第1の強緊締部21と第2の強緊締部22を設けて、腹直筋をリフトアップし、後身頃に第3の強緊締部と第4の強緊締部を設けて、背部をサポートすることにより、姿勢を矯正して、腰痛や肩こりを防止する。 (もっと読む)


【課題】試着した時、タグを縫い付けている糸が切れない衣類を提供する。
【解決手段】タグを縫い付けている縫い糸の縫い方向が、衣類の伸び方向と、ほぼ直角になっている。 (もっと読む)


【課題】大腿四頭筋及びヒラメ筋を確実に上方へ引き上げてその働きを補うことにより、膝部に加わる負担を軽減でき、身動きしやすいロングガードルを提供すること。
【解決手段】伸縮性生地を身生地とし、下端が足首部分に達する脚部5を有し、脚部5は周方向へ伸縮し難い下端部を有し、伸縮性生地より成り、大腿四頭筋、膝部及びヒラメ筋に沿うリフトアップ片6を身生地に重ねて配置し、リフトアップ片6によってウェスト部と脚部5の下端部とを連結してある。 (もっと読む)


1 - 10 / 26