JSR株式会社により出願された特許

1 - 10 / 3,320


【課題】本発明の目的は、硬化膜に要求される一般的特性である表面硬度、屈折率、光線透過性、レジスト剥離液耐性、耐ドライエッチング性、低誘電率等を十分満足すると共に、優れた耐熱性を有する硬化膜を形成でき、かつ硬化膜形成の際の加熱工程において、人体に有害なベンゼン等のアウトガスの発生を低減できるポジ型感放射線性組成物、このポジ型感放射線性組成物から形成された硬化膜及びこの硬化膜の形成方法を提供することである。
【解決手段】本発明は、[A]下記式(i)で表される基がケイ素原子に結合した構造を有するシロキサンポリマー、及び[B]キノンジアジド化合物を含有するポジ型感放射線性組成物である。式(i)中、Rは、炭素数6〜15のアリール基である。Yは、単結合又はヘテロ原子を含む2価の連結基である。Xは、メチレン基又は炭素数2〜10のアルキレン基である。但し、RとXとが互いに結合して環構造を形成してもよい。
(もっと読む)


【課題】液晶表示素子の残像特性を改善する。
【解決手段】下記式(t)で表される構造を有する特定テトラカルボン酸二無水物(T)を含むテトラカルボン酸二無水物と、ジアミンとを反応させて得られるポリアミック酸及び該ポリアミック酸を脱水閉環してなるポリイミドよりなる群から選択される少なくとも一種の重合体を液晶配向剤に含有させる。Arは2価の芳香族基である。
(もっと読む)


【課題】垂直配向性に優れるとともに高度の紫外線耐性を有する液晶配向膜を与える液晶配向剤を提供すること。
【解決手段】上記液晶配向剤は、少なくともポリシロキサンと溶媒とを含有する液晶配向剤であって、前記溶媒が下記式(S1)で表される化合物を含有することを特徴とする。
10O−((CR11m1−O)m2−H (S1)
(式(S1)中、R10はフェニル基またはベンジル基であり、ただしこれらフェニル基またはベンジル基はハロゲン原子、シアノ基、炭素数1〜4のアルキル基によって置換されていてもよく、R11は水素原子または炭素数1〜8のアルキル基であり、m1は2〜8の整数であり、m2は1〜4の整数であり、ただし複数個のR11は同一であっても相互に相違していてもよく、m1が複数個存在する場合には、複数個のm1は同一であっても相互に相違していてもよい。) (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、放射線感度に優れ、低照射量の光配向法で良好な液晶配向性を発現できる液晶配向剤を提供することである。また、そのような液晶配向剤を用いた液晶配向膜の形成方法及び液晶配向膜、その液晶配向膜を備え、液晶配向性に加えて電気的特性等の諸性能にも優れる液晶表示素子、さらにはその液晶配向剤の材料となる化合物を提供することである。
【解決手段】本発明は、[A]下記式(1)で表される基を含む構造単位(I)を有する重合体を含有する液晶配向剤である。また、[A]重合体は、ポリアミック酸、ポリイミド又はポリエステルであることが好ましい。
(もっと読む)


【課題】放射線感度に優れ、低照射量の光配向法で良好な液晶配向性を発現できる液晶配向剤を提供する。
【解決手段】ある特定の化学式で表される基を含む構造単位を有する重合体を含有する液晶配向剤である。また、この重合体は、ポリエステル、又はポリチオエステルであることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】偏光または非偏光の紫外線を照射して良好なプレチルト角を発現させることができるとともに、高度の紫外線耐性を有する液晶配向膜を与える液晶配向剤を提供すること。
【解決手段】上記液晶配向剤は、(I)重合性二重結合を有する基を有するポリオルガノシロキサンおよび(II)桂皮酸構造を有する基を有するポリオルガノシロキサンを含有するか、あるいは(III)重合性二重結合を有する基および桂皮酸構造を有する基を有するポリオルガノシロキサンを含有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】フィルムに発生するゲル状欠陥、ダイラインの発生を抑制することができる成形材料用環状オレフィン系開環重合体およびその製造方法を提供する。
【解決手段】構造式(1)で表される構造単位を含み、ゲルパーミエーションクロマトグラフィーで測定したポリスチレン換算の分子量分布(Mw/Mn)が2.5以下であり、数式(I)で表される、せん断速度が1(s-1)であるときの溶融粘度P1とせん断速度が100(s-1)であるときの溶融粘度P2との溶融粘度比Hが0.40以上である。


(もっと読む)


【目的】 本発明の目的は、高い吸湿性、放湿性を有し、かつその吸湿、放湿性能を短時間で発現することのできる吸脱湿剤を提供することにある。
【解決手段】
−SO3で表される基を1.5mmol/g以上有する重合体からなる吸脱湿剤。 (もっと読む)


【課題】本発明は、表示素子用硬化膜の一般的特性である放射線感度等を十分満足する表示素子用硬化膜を形成することができ、かつ表示素子用硬化膜形成の際の加熱工程において、人体に有害なベンゼン等のアウトガスの発生を低減することができるポジ型感放射線性組成物、このポジ型感放射線性組成物から形成された表示素子用硬化膜、この表示素子用硬化膜の形成方法及び表示素子を提供することを目的とする。
【解決手段】[A]シロキサンポリマー、及び[B]キノンジアジド化合物を含有するポジ型感放射線性組成物であって、[A]シロキサンポリマーが、下記式(1)で表される化合物及び下記式(2)で表される化合物を含む加水分解性シラン化合物の加水分解縮合物であり、かつ[A]シロキサンポリマーにおける下記式(2)で表される化合物に由来する構造単位の含有率が、5モル%以上60モル%以下であることを特徴とするポジ型感放射線性組成物。

(もっと読む)


【課題】紫外線照射を行わずに低温加熱による硬化のみで水分捕獲体を形成することができ、また硬化時にアウトガスの発生しない熱硬化型水分捕獲体形成用組成物、該組成物から形成された水分捕獲体、および該水分捕獲体を備えた電子デバイスを提供する。
【解決手段】本発明に係る熱硬化型水分捕獲体形成用組成物は、下記一般式(1)で表される構造単位を有する化合物(A)と、硬化性モノマー(B)と、を含有する。
−[Al(OR)−O]− …(1)
(式(1)中、Rは、それぞれ置換もしくは非置換の、アルキル基、アリール基またはアルキルカルボニル基を表す。nは2〜6の整数を表す。) (もっと読む)


1 - 10 / 3,320