アロン化成株式会社により出願された特許

311 - 317 / 317



【目的】 発泡ビ−ズによる皮付き発泡体の成形方法において、発泡ビ−ズの充填を効率よくし、発泡ビ−ズを密にする。
【構成】 パリソン2を降下させてブロ−成形用金型5内に入れ、ブロ−成形して中空成形体2aを作る。次いで、この中空成形体2aが冷却固化する前に、予備発泡した発泡ビ−ズ3を充填し、この発泡ビ−ズ3を加熱水蒸気によって加熱・融着して皮付き発泡体を成形するに当り、発泡ビ−ズ3を充填する際に中空成形体2aの中の圧力を大気に解放するので、発泡ビ−ズ3の充填が効率よく行われ、発泡ビ−ズ3が密に充填する。 (もっと読む)


【目的】 発泡ビ−ズによる皮付き発泡体の成形装置を簡素化する。
【構成】 上方にパリソン押出機4を設けたブロ−成形用金型5に、2本のパイプ8,9と発泡ビ−ズ充填用フィ−ダ7を設け、これらのパイプ8,9をブロ−用エア源18や加熱水蒸気源20やバキュ−ム源21に接続する。この金型5にパリソン2を入れて、パイプ8,9をブロ−用エア源18に連通して、ブロ−成形する。次いで、パイプ8,9をバキュ−ム源21に連通して減圧しながらフィ−ダ7から発泡ビ−ズを供給した後、一方のパイプ8を加熱水蒸気源20に連通して発泡ビ−ズを加熱・融着し、他方のパイプ9をバキュ−ム源21に連通してドレンを取出す。したがって、これらのパイプ8,9がブロ−、加熱、冷却の工程を兼用するので、装置が簡素化する。 (もっと読む)



【目的】 発泡ビ−ズによる皮付き発泡体の成形法において、発泡体の冷却時にドレンを取出す。
【構成】 パリソン2を降下させてブロ−成形用金型5内に入れ、ブロ−成形して中空成形体2aを作る。次いで、この中空成形体2aが冷却固化する前に、これに予備発泡した発泡ビ−ズ3を充填し、この発泡ビ−ズ3を加熱水蒸気によって加熱・融着して皮付き発泡体を成形する。この成形方法で、中空成形体2aにパイプ8を挿入して、発泡体の冷却時にバキュ−ムするので、加熱水蒸気のドレンを取出すことができる。 (もっと読む)


【目的】 公共用塩ビ製会所ますの滝落し配管に汎用性をもたせる。
【構成】 公共用塩ビ製会所ますの点検筒1に、流入口9を現場に合せてあける。この流入口9にツバ付ソケット管3を接着接合して、下水管を段差接合する。本件の場合、この点検筒1に塩ビパイプを採用し、この塩ビパイプの下端に上げ底5を設けて流出管2と接続する。この上げ底5の高さHを、ツバ付ソケット管3のツバの長さと等しくする。したがって、流入口9の位置が低くなっても、ツバに邪魔されることなく、ツバ付ソケット管3が取付けられるので、この滝落し配管はいずれの段差にも採用でき、汎用性をもたせることができる。 (もっと読む)


【目的】本発明は配管溝内に設置されている管と管との間に砂を人手をかけずに充填することを目的とするものである。
【構成】砂4と水とを混合したスラリー22を配管溝2内に充填する。 (もっと読む)


311 - 317 / 317