株式会社ユアサコーポレーションにより出願された特許

1 - 10 / 21


高電位においても正極と電解質との副反応を抑えることができ、電池に適用することにより充電状態で保存しても電池性能を損なうことなく充放電サイクル性能も向上させることができる正極活物質およびその製造方法、また、それを用いたリチウム二次電池用正極、並びに、充電状態で保存しても電池性能を損なうことなく充放電サイクル性能も向上した、また、高い上限電圧で使用しても優れた充放電サイクル性能を発揮できるリチウム二次電池を提供する。正極活物質としては、リチウムイオンを吸蔵および放出し得る母材粒子の電解質と接触し得る部分の少なくとも一部の上に、周期律表の3族の元素が存在するものであり、リチウムを含有しかつリチウムイオンを吸蔵および放出し得る母材粒子を製造した後に、該母材粒子の電解質と接触し得る部分の少なくとも一部の上に、周期律表の3族の元素が存在し得るように該元素を付与する方法等により製造される。 (もっと読む)


ニッケル電極を正極とする密閉形アルカリ蓄電池において、電池内の気体圧力および/または電池温度が、規定値以下のときは充電が可能であって、規定値を超えるときは充電不能となる機能を持たせたことを特徴とする密閉形アルカリ蓄電池。
(もっと読む)


充放電効率が高く、ハイレート性能に優れた非水電解質電池を提供することを目的とする。リチウム塩が有機溶媒に溶解してなる非水電解質が、四級アンモニウム塩を0.06mol/l以上0.5mol/l以下含有していることを特徴とする非水電解質を用いることにより、上記課題を解決できる。この効果は、初充電工程における比較的早い段階(負極電位の比較的貴な段階)で四級アンモニウム塩の作用により負極に良好な保護被膜が形成されるため、非水電解質に用いられている有機溶媒の分解が抑制されることによると考えられる。
(もっと読む)


【課題】主として、デンドライトによるショートの発生を十分に防止でき、長寿命化を図ることができる、アルカリ亜鉛蓄電池を提供すること。
【解決手段】正極2に対向する第1膜31と負極1に対向する第2膜32とを少なくとも有するセパレータ3を備えており、第1膜31は耐アルカリ性微孔膜であり、第2膜32はポリビニルアルコール膜であり、第1膜31は第2膜32側の面にニッケル被覆層31aを有している。 (もっと読む)


【課題】ニッケル水酸化物の粒子表面に被覆させるコバルト化合物の組成及び結晶構造を所定のものに設定することにより、導電性ネットワークの形成を容易なものにできるアルカリ蓄電池用正極活物質を提供することである。
【解決手段】化学組成がNi0.95Zn0.05(OH)であるニッケル水酸化物の粒子の表面に、化学組成がCo0.8Al0.2(OH)(SO)0.1であるコバルト水酸化物からなる層が形成されていることを特徴としている。 (もっと読む)


【課題】 一方の密閉形電池の外装缶の底部と蓋部とを溶接により接続するための接続体として、リング状の接続部品を介在させることによって、コストを抑えた組電池及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 少なくとも2個以上の密閉形電池の内の一方の蓋部12と他方の密閉形電池の外装缶10の底部11とを接続した組電池であって、前記蓋部12には、リング状の接続部品20の一方の面が溶接され、前記外装缶10の底部11には、前記接続部品20の他方の面を溶接されている組電池。 (もっと読む)


【課題】 チタン酸リチウムを活物質として用い、十分な出力特性を有する電気化学デバイスを提供することを目的とする。また、それに用いる電極材料、電極を提供することを目的とする。
【解決手段】 チタン酸リチウムと有機物を混合して熱処理を行うことで、チタン酸リチウムを90%以上含有し、嵩密度が1.5g/cm3以上であり、且つ、体積抵抗率が16Ω・cm以下である電気化学デバイス用電極材料が得られる。これを用いることで、上記課題を解決できる。 (もっと読む)


【課題】 水素吸蔵合金粉末を活物質に用いた水素吸蔵電極を備えるニッケル水素蓄電知において、従来電池と同等か、あるいは同等以上のサイクル性能を有し、且つ、高容量のニッケル水素蓄電池を提供する。
【解決手段】 水素吸蔵合金粉末を、記号Aが希土類元素のうちから選ばれた1種以上の元素であり、記号BがMgとCaから選ばれる1種または2種の元素であり、記号CがCo、Mn、Al、FeおよびCuから選ばれる1種以上の元素であり、化学式AwxNiyzにおいて、w+x=1、0.04≦x≦0.17、3.5≦y≦4.3、4.0≦y+z≦4.7、0≦z、4.75≦(x+y+z)/w≦5.35で表される水素吸蔵合金粉末とする。
(もっと読む)


【課題】 入・出力特性に優れたハイブリッド型電気化学デバイスを提供することを目的とする。
【解決手段】 アルカリ金属イオンを放出・吸蔵しうる活物質と、アニオンを吸着・脱着可能な有機材料とを含有する正極と、アルカリ金属イオンを吸蔵・放出しうる負極活物質と、充放電に伴ってカチオンを吸着・脱着可能な有機材料とを含有する負極と、電解質塩と溶媒から構成される電解質と、を備えるハイブリッド型電気化学デバイスの電解質が、アルカリ金属カチオンと、該アルカリ金属イオンとは異なるカチオンとを含むと共に、解離度の異なる2種以上のアニオンを含有させることで上記課題を解決できる。 (もっと読む)


【課題】 扁平状に捲回した発電要素の捲回ずれを防止し、複雑な製造工程を必要としなくても、電気化学的性能の安定した捲回式電池を提供する。
【解決手段】 帯状の正極と帯状の負極とをセパレータを介して対向させ扁平状に捲回した発電要素を備えた電池において、セパレータ3は、帯状正極1及び帯状負極のうち少なくとも一方の電極を内包した袋状構造を有している。特に、セパレータは、帯状正極及び帯状負極のうち、短辺の長さが短い方の電極のみを内包し、内包している帯状電極の長辺の外側部分のセパレータが長辺に沿うように間欠状に融着された熱融着部31を有する。 (もっと読む)


1 - 10 / 21