株式会社ジャパーナにより出願された特許

1 - 10 / 43


【課題】 適度の不安定性とクッション性を備え、履いて歩くだけで運動効果が期待できる履物のための靴底及びそのような靴底を用いた靴を提供すること。
【解決手段】
本発明は、踵部と対応する接地面2を椀状に膨出させて不安定性を付与する踵側椀部3と、当該踵側椀部3の頂部周辺を略円形状又は略楕円形状にてさらに膨出させた凸部P1と、当該凸部P1の周囲を掘り下げるようにして形成された環状溝4とを備え、前記凸部P1が上下方向及び環状溝4を埋める方向に変形してクッション性を付与するようにした靴底1である。 (もっと読む)


【課題】 安全で耐久性に優れ、かつ、装置全体の位置がずれることを防ぎ、スイング軌道を確認しながら行う練習に適したゴルフスイング練習機を提供すること。さらには、構造が複雑化することなく、持ち運びも便利なゴルフスイング練習機を提供すること。
【解決手段】
本発明は、扁平又は平坦で好ましくは長尺状の柔軟な素材からなり、耐衝撃性を備えた練習機本体10と、当該練習機本体10の一端部側11に設けられた直立方向に延びるターゲット20と、を備えたゴルフスイング練習機1であって、好ましくは、前記練習機本体10のターゲット20が設けられていない側の端部12を固定手段30にて設置面Gにホールドするようにしたことを特徴とするゴルフスイング練習機1である。 (もっと読む)


【課題】 スイング軌道が幅広いインパクトゾーンを備えているか否かを確認しながら行うスイング練習を繰り返すのに適したゴルフスイング練習機を提供すること。
【解決手段】
本発明は、直立方向に延びるターゲット20と、当該ターゲット20が直立した状態から水平方向に倒れた状態となるように、当該ターゲット20の基部を回動可能に保持する練習機本体10と、前記ターゲット20の基部と連結して設けられ、当該ターゲット20が水平方向に倒れた状態になると、ターゲット20の基部から離れた部分が起き上がった状態となる起立部22と、を備えたことを特徴とするゴルフスイング練習機1である。 (もっと読む)


【課題】 キャディバッグの使い勝手や外観を損なうことなく、その転倒を防止する構成を付加したキャディバッグを提供すること。
【解決手段】
本発明は、バッグ本体2の底部3に装着された車輪6と、当該車輪6が設けられたバッグ本体2の側面に装着され、上端部にハンドルを有する伸縮バー構造20と、を備えており、当該ハンドルを把持することでバッグ本体2を、車輪6を回転させて移動させることができ、当該伸縮バー構造を下方に押し下げた状態においては、伸縮バー構造20の下端部10bがバッグ1の設置面Gとほぼ同じ高さとなる支持位置にて位置決め状態となり、バッグ1の設置面Gを支持できるようにしたことを特徴とするキャディバッグ1である。 (もっと読む)


【課題】 2系統の靴ひもによる締め付け具合を個別に調節できるばかりか、それらの靴ひもを迅速に巻き取ることができる靴ひもの巻取装置を提供すること。
【解決手段】
本発明は、 第1の靴ひもW1を巻き取るための第1の巻取部D1と、第2の靴ひもW2を巻き取るための第2の巻取部D2と、当該第1の巻取部D1及び第2の巻取部D2を回転駆動するための1つのハンドル21と、前記ハンドル21の正逆の異なる回転方向に応じて当該ハンドル21による駆動力を前記第1の巻取部D1又は第2の巻取部D2に振り分けるための切換手段31,51と、を備え、ハンドル21を正逆交互に回すことでハンドル21から手を離すことなく第1の靴ひもW1及び第2の靴ひもW2を連続的に巻き取ることができるようにしたことを特徴とする靴ひもの巻取装置20である。 (もっと読む)


【課題】 靴のタングと着用者の甲部や足首との間に隙間が生じることを確実に解消することができる靴ひもの締付構造及び靴ひもの締付方法を提供すること。
【解決手段】
本発明は、甲部3及びすね部4を有し屈曲形成されて靴本体14と相対移動可能に設けられたタング1と、前記タング1の前記すね部4に設けられた第1の靴ひも通し部H1と、前記第1の靴ひも通し部H1より下方位置にて靴本体14に設けられた第2の靴ひも通し部H2とを備え、前記第1及び第2の靴ひも通し部H1,H2を通過する靴ひもW1を締め付けることで、前記タング1のすね部4を下方へ引き寄せられるようにした靴ひもの締付構造及び靴ひもの締付方法である。 (もっと読む)


【課題】 雪面上でも人工スキー場のスキー用マット上でも使用可能なオールシーズン対応のスキー及びスノーボードを提供すること。
【解決手段】
本発明は、雪面上での滑走性能に優れた合成樹脂からなる主滑走面1と、当該主滑走面1を構成する合成樹脂より耐熱性に優れた補強材からなり、前記主滑走面1と両側縁のエッジ2との間においてエッジ2と接して設けられた補強滑走面3とを備えたスキー10及びスノーボードであって、前記補強滑走面3は、滑走者による荷重によってスキー及びスノーボードが平坦な状態となる接雪部と対応してその接雪部の長さSの少なくとも90%以上の長さL1に亘って設けられており、かつ、当該補強滑走面3の幅L2は10〜30mmであることを特徴とするスキー10及びスノーボードである。 (もっと読む)


【課題】 ゴルフのラウンド中に使用する数本のゴルフクラブを持ち運ぶ際に使用するのに適したクラブケースにおいて、ゴルフクラブの出し入れの利便性を損なうことなく、ゴルフコース内を移動中にゴルフクラブが抜け落ちてしまうことを解決できるクラブケースを提供すること。
【解決手段】
ゴルフクラブCの収納部2を備えた本体部1と、前記本体部1の上部に形成された開口部3と、を備えたクラブケース10であって、前記収納部2からのゴルフクラブCの抜け落ちを防止するため、当該収納部2内面のほぼ中央部にゴルフクラブCのシャフトSと接触する滑り止め部5を配置したことを特徴とするクラブケース10。 (もっと読む)


【課題】 上面側に凹溝を形成することで、スノーボードに荷重が加えられていない状態であっても滑走面をコンベックス形状とすることができるスノーボード及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】
本発明は、熱膨張性合成樹脂製芯材をスノーボード10のインサートとして部分的に使用し、スノーボード10を一体化成型し、その後、前記熱膨張性合成樹脂製芯材4に上面側からスノーボード10の長手方向に沿った凹溝8aを形成し、前記熱膨張性合成樹脂製芯材4における内部応力の解放により滑走面がコンベックス形状となるスノーボード10及びその製造方法である。 (もっと読む)


【課題】 スポーツ又はレジャーなどに用いる物品の一部を挟持する挟持片と、ベルト、衣服又は他の物品などに装着するための挟持片と、を備えたクリップであって、物品の生産性と、着脱の操作性及び安定性とを向上させたクリップを提供すること。
【解決手段】
本発明は、弾性変形可能な山形の屈曲部2を備えた本体部材1と、当該本体部材1の裏面側において本体部材1から折り返され、先端部が開閉することで本体部材1の裏面との間で物品20の一部を挟持するための第一の挟持片3と、前記第一の挟持片3に突設され、前記屈曲部2の裏面にて形成される谷部5と係合する係止突起4と、前記屈曲部2と隣接して設けられた軸受部にて回動可能に軸支され、前記本体部材1の表側面との間でベルト、衣服又は他の物品などを挟持するための第二の挟持片7と、当該第二の挟持片7を閉じる方向へ常時付勢する付勢手段9と、を備えたことを特徴とするクリップ10である。 (もっと読む)


1 - 10 / 43