太平洋セメント株式会社により出願された特許

1,441 - 1,449 / 1,449


【課題】 耐久性および加工精度に優れたワイヤーソー用多溝ローラの提供
【解決手段】ワイヤーが装入される複数の溝を表面に有し、少なくとも該溝の部分がセラミックスによって形成されている多溝ローラであって、上記溝が、溝に装入されたワイヤーを両側の溝面によって挟み込んで支える形状を有することを特徴とするワイヤーソー用多溝ローラ。 (もっと読む)


【課題】 出力電圧が大きく、ノンリニアリティの小さい高特性な高圧用圧力センサを提供する。
【解決手段】 半導体結晶からなる基板の裏面に長方形のダイヤフラムをエッチングにより形成し、前記基板の表面に拡散抵抗形成部を設けた圧力センサにおいて、長方形のダイヤフラムの中心から拡散抵抗形成部の中心位置までの距離x,yと長方形のダイヤフラムの中心からダイヤフラムの各辺までの距離X,Yとの比をそれぞれRxとRyとしたときに、RxとRyをそれぞれ0.82〜0.99および1.15〜1.39の範囲の値として高圧用圧力センサを得る。 (もっと読む)


【課題】 ワイヤーソー用多溝ローラーの軸部の損傷を防止して耐用期間の延長を図ると共に、多溝ローラーの偏心による加工ワイヤーのぶれや振動を解消し加工精度を向上する。
【解決手段】 多溝ローラーの主体をセラミックスで形成し、ワイヤーソーの軸受部に装着する軸部の表面に、金属スリーブを焼きバメまたは圧入により取り付けたワイヤーソー用多溝ローラーとする。 (もっと読む)


【目的】本発明の目的は、圧電セラミックスと内部電極が交互に積層され、内部電極が外部電極と一層おきに接続される積層型圧電アクチュエータにおいて、電圧印加時内部電極付近に発生する応力を緩和し、耐久性のある積層圧電アクチュエータを提供することにある。
【構成】内部電極層間の内部電極が重ならない部分に応力緩和部を設けたことを特徴とする積層型圧電アクチュエータ。 (もっと読む)


【目的】 硬化体中のアルカリ濃度が低く、耐アルカリ性ガラス繊維の使用は勿論のこと、安価なEガラス繊維を補強材として使用しても、長期耐久性に優れ、高強度及び高靱性な無機硬化体及びその製造方法を提供する。
【構成】 この発明は、水和前処理したスラグを用いて成形体とし、該成形体に炭酸ガスを作用させ硬化させることを特徴とする。 (もっと読む)


【目的】 本発明の目的は、シラスを使用した十分な発泡性と、良好な物理特性を有する人工骨材の製造方法を提供することにある。
【構成】 本発明の人工骨材の製造方法は、シラス及び粘着材を含有してなる混合物を粉砕、造粒及び焼成することからなる人工骨材の製造方法において、粒径2.5mm以下に分級したシラスを使用することを特徴とする。 (もっと読む)


【目的】 この発明は焼点部に融着防止材を安定して効率良く添加することを特徴とする。
【構成】 この発明は、回転窯における人工軽量骨材の焼成に際して、回転窯内の焼点部近傍に融着防止材を効果的に添加するために、キルンバーナー側から空気と混合して流動化した融着防止材を高濃度の状態、すなわち軽装充填状態の嵩密度の15%以上の嵩密度で回転窯内に連続的に吹込むことを特徴としている。 (もっと読む)


【目的】人工軽量骨材の強度の向上を図る。
【構成】原料粒子Gに発泡剤粒子Fを加えて造粒し生ペレットPを形成する工程と、該生ペレットPを焼成発泡させる工程と、を備えた人工軽量骨材の製造方法であって、前記生ペレットPに含まれる原料粒子Gの15重量%ふるい通過径が85重量%ふるい通過径の1/4以上であるところの狭い粒度分布にする。 (もっと読む)


【目的】 本発明の目的は、従来よりも低温で燃料電池を高効率に作動させることができ、更に熱に対して安定かつ耐熱衝撃性が高いイオン導電体材料を提供することにある。
【構成】 本発明のイオン導電体材料は、[(1-y){xCe(1−x)ZrO2}−ySrO](ただし、0.5≦x≦0.9、0.02≦y≦0.1)からなる組成の固溶体粉末と、安定化ジルコニア粉末とを重量比で1:9ないし1:1の比率で混合した混合物の焼結体よりなることを特徴とする。 (もっと読む)


1,441 - 1,449 / 1,449