ペンタックス株式会社により出願された特許

81 - 90 / 1,878


【課題】デジタル信号で送信された映像をプリントアウトするプリンタでプリントアウトする操作と、プリントアウトされる映像の確認とが行える電子内視鏡システムを提供する。
【解決手段】電子内視鏡システムは、電子スコープにより取得される画像データに画像処理を施す画像処理装置を備える。画像処理が施された画像信号に基づく映像をプリントアウトするプリンタを備える。画像処理装置は、プリンタの操作を行うための操作部を有する。画像処理が施された画像信号に基づく映像を表示する表示部711を有する。操作部にされた操作に基づいてプリンタにプリンタの操作を行うための制御信号、及び画像信号をデジタル信号で送信する制御部を有する。操作部と表示部は、1つのタッチパネル21で構成される。操作部は、タッチパネルに表示されるプリンタの操作を行うためのアイコン(701、702、703、704、705)を有する。 (もっと読む)


【課題】簡単な構造でありながら、第1ジャイロセンサと第2ジャイロセンサのカメラにおける取付位置を簡単に変更でき、しかも仕様が異なる複数のカメラに適用可能な手振補正機能付カメラにおけるジャイロセンサ取付構造を提供する。
【解決手段】第1ジャイロセンサS1及び第2ジャイロセンサS2を支持するセンサ取付部材20、22と、カメラ内部の固定部材15に形成した仮想正方形の各頂点上に位置する4つの同一仕様の雌ねじ孔17A、17B、17C、17Dと、センサ取付部材を貫通し4つの雌ねじ孔のうち少なくとも二つにそれぞれ螺合する2ないし4つの同一仕様のボルト25と、を備える。 (もっと読む)


【課題】ズームレンズ鏡筒の繰出カム機構において、所要のレンズ群移動量を確保しつつカム環を小型化する。
【解決手段】カム環に、同一の基礎軌跡を有する複数のカム溝を少なくとも光軸方向に位置を異ならせて形成するとともに、複数のカム溝のいずれも、少なくとも前方一部と後方一部のいずれかが存在しないように短尺として該カム溝をカム環端面に開口させ、進退環に、これら複数のカム溝にそれぞれ係合する複数のカムフォロアを少なくとも光軸方向に位置を異ならせて形成し、進退環の前方移動端と後方移動端の少なくとも一方で、複数のカム溝の一部からカムフォロアが外れ、他のカムフォロアとカム溝が係合を維持し、撮影を不能とする収納時には、進退環が前方移動端と後方移動端の間の光軸方向位置に位置されることを特徴としたズームレンズ鏡筒の繰出カム機構。 (もっと読む)


【課題】観察系が複数ある場合であっても、ケーブル類を容易に挿入管に通すことが可能な、内視鏡の製造方法を提供することである。
【解決手段】内視鏡の先端部に複数のケーブルを取り付け、シースに複数のケーブルを通し、シースを内視鏡の挿入管に通し、ケーブルが通されているシースを挿入管の基端側端部から引き抜いて、ケーブルを挿入管の基端側端部より露出させる構成として、上記課題を解決した。好ましくは、シースの円筒面外周は低摩擦に形成されている。これは、例えば、シースをポリテトラフルオロエチレン樹脂から形成することによって実現される。また、好ましくはシースは内視鏡の挿入管より長い。 (もっと読む)


【課題】カートに配設された状態での移動を少ない労力で行うことができ、かつ電子内視鏡で撮像される被写体に対応した色再現性を有する画像を複数人で同時に観察することができる電子内視鏡用プロセッサを提供すること。
【解決手段】電子内視鏡用プロセッサは、少なくとも電気的に接続された電子内視鏡からの画像信号に所定の画像処理を施す画像処理手段と、画像処理手段によって画像処理を施された画像信号に対応する画像を外部に拡大投影する画像投影手段と、を有する構成にした。 (もっと読む)


【課題】複数系統の音声が異なるトラックに記録されており、各トラックは複数のセグメントに分割され、各セグメントに音声メッセージが記録されるようになっている音声多重トラックコンテンツを再生するための音声多重トラックコンテンツ再生装置であって、操作ボタンの数を少なく抑えつつ、且つ一回のボタン押下でトラックの切換が可能なものを提供することである。
【解決手段】本発明の音声多重トラックコンテンツ再生装置においては、装置のケースの表面に、異なるトラックに記憶された音声メッセージを再生するためのトラック数より少ない複数の再生ボタンが設けられており、複数の再生ボタンの各々がどのトラックを再生すべきかを設定するための設定手段をさらに備えた。 (もっと読む)


【課題】撮像装置を保持する姿勢に対応してゴミ取り動作における可動部の移動方向を制御するゴミ取り装置を提供する。
【解決手段】撮像装置のゴミ取り装置は、撮像素子を有する可動部を備える。重力方向に対する撮像装置の保持姿勢を特定するための情報を検出する検出部を備える。可動部を、撮像素子の撮像面に入射する光学像を結像させる撮像光学系の光軸に垂直な第1、第2方向に平行な平面上を移動制御する制御部を備える。制御部は、ゴミ取り動作として、保持姿勢に基づいて、可動部を、第1、第2方向の一方に移動させて、可動部の移動範囲端に衝突させる。 (もっと読む)


【課題】曲面を持つ光学部材であっても暗視野照明を用いて高い精度で異常部位を検出することができる光学部材検査装置を提供すること。
【解決手段】光学部材検査装置は、透過性ある被検物に対して光を入射させる光源部と、被検物を含む被検光学系と、光源部から照射された光の光路中であって光源部と被検光学系の間に配設される遮光絞りと、被検物が載置される載置手段と、被検光学系を介した光が入射する撮像光学系、および撮像光学系に対して被検物と共役な位置関係にある撮像手段と、被検物の光学中心と遮光絞りの中心が略同一直線上に位置するように、被検物および遮光絞りの相対位置を調整する位置調整手段と、を有し、位置調整手段により位置調整された状態において、各部材が所定の条件を満たす構成にした。 (もっと読む)


【課題】ゴミ取り動作による機構の破損を抑制するゴミ取り装置を提供する。
【解決手段】撮像装置のゴミ取り装置は、撮像素子を有する可動部を備える。可動部を、撮像素子の撮像面に入射する光学像を結像させる撮像光学系の光軸に垂直で且つ互いに垂直な第1方向x、第2方向yに平行な平面上を移動制御する制御部を備える。制御部は、ゴミ取り動作として、可動部を移動範囲の中で移動範囲端に接触しない中心位置に移動させ、可動部の中心位置の第1方向xの位置を同じ状態に保ったまま、第2方向yの移動範囲端に衝突させる。 (もっと読む)


【課題】ラジアル型超音波内視鏡とコンベックス型超音波内視鏡のどちらの超音波信号コネクタにも超音波断層画像信号を処理するための信号処理回路を設けることなく、その超音波信号コネクタを共通の超音波信号処理装置に接続して使用することができて、経済性に優れ、超音波信号コネクタの小型化も容易な超音波内視鏡装置を提供すること。
【解決手段】超音波信号処理装置30に、ラジアル型信号処理回路31と、コンベックス型信号処理回路32とを併設すると共に、接続された超音波信号コネクタ17,27がラジアル型超音波内視鏡10のものであるかコンベックス型超音波内視鏡20のものであるかを判定する接続機種判定手段33を設け、その判定結果に対応してラジアル型信号処理回路31又はコンベックス型信号処理回路32の一方を選択して、超音波信号コネクタ17,27から入力された超音波断層画像信号を送るようにした。 (もっと読む)


81 - 90 / 1,878