ペンタックス株式会社により出願された特許

61 - 70 / 1,878


【課題】ロータリーシャッタのシャッタ開口部の大きさ及び形状を等しくして、シャッタ開口部を通過する光の光量を常に一定にすることが出来るロータリーシャッタを得る。
【解決手段】複数の同じ大きさの円盤形状であるブランクは同軸状に並べられて1つの円筒を形成し、パンチング加工により窓部が穿孔される。円筒から得られる2枚の円盤は同軸状に積層される。第1の円盤と第2の円盤は、第1の円盤に穿設された第1の窓部320が第2の円盤に穿設された第2の窓部430と対応するように、そして第1の円盤に穿設された第2の窓部330が、第2の円盤に穿設された第1の窓部420と対応するように互いの中心Oで軸支される。シャッタ開口部220、230の大きさ及び形状は、より小さい面積を有する窓部により決定される。第1及び第2の窓部の大きさ及び形状に誤差が生じても、シャッタ開口部220、230は同じ大きさ及び形状を有する。 (もっと読む)


【課題】調整作業が不要であり、精密に回転速度を制御することが可能、かつ耐久性の高い軸接続構造を得る。
【解決手段】モータ10のボディ12は固定部材20及びウェーブワッシャ30に嵌挿され、モータ取付部材40に固定される。モータ取付部材40はボディ12よりも大きい径を有し、ボディ12の径方向全周に渡ってモータフランジ部を形成する。次に、固定部材20がベース部材70に固定される。ウェーブワッシャ30は、ベース部材70に固定された固定部材20に反力を取ることにより、モータフランジ部と係合してモータ取付部材40を回転軸60方向に付勢する。モータフランジ部は第2のフランジ72と係合する。これにより、モータ10は回転軸60方向に付勢される。モータフランジ部の外径はベース部材70の内径よりも小さく、固定部材20の内径はボディ12よりも大きいため、モータ10は径方向に自由に動作することが出来る。 (もっと読む)


【課題】従動円盤の回転速度が変化してもロータリシャッタの回転速度が変化しない駆動装置を得る。
【解決手段】従動円盤200の回転速度が変化すると、従動円盤200の慣性モーメントにより、第2の遊星ギアセット620に対して反力が伝えられる。反力は、従動円盤200を駆動させる力の伝達と反対方向に伝達され、駆動軸300に伝えられる。駆動軸300に伝えられた反力は、駆動軸300の回転に対して影響を与え、回転を乱す原因となる。駆動軸300に直接接続される駆動円盤100は、従動円盤200よりも3倍以上6倍未満の質量を有する。そのため、従動円盤から駆動円盤に伝えられる反力は、駆動円盤の質量から生じる慣性モーメントの働きにより打ち消される。これにより、従動円盤200からの反力を受けた駆動軸300は、駆動円盤100の慣性により従動円盤200の反力による影響を受けることなく回転し続けることが可能となる。 (もっと読む)


【課題】大型の調光機構を配置可能で光量損失の少ない内視鏡用光源装置を得る。
【解決手段】光源ランプからの光束を収束させる第1レンズ群と、この第1レンズ群で収束され集光点を通過して発散する光束をライトガイドに集光させる第2レンズ群と、この第1レンズ群と第2レンズ群との間に配置した調光機構と、を有し、次の条件式(1)を満足する内視鏡用光源装置。
(1)1.30<L(1/f1-1/x)<2.30
但し、
L;第1レンズ群と第2レンズ群の空気間隔、
f1;第1レンズ群の焦点距離、
x;光源ランプの集光点から第1レンズ群の前側主点までの距離。 (もっと読む)


【課題】一回の演算処理によって、動画像用および静止画像用のホワイトバランス調整に関する補正係数を算出する。
【解決手段】ホワイトバランスボタンが操作されると、動画像用のフィールド読み出し方式によって画素信号を読み出し、動画像用マトリックスKによって得られた動画像のR,G,Bの信号に基づき、動画像用のホワイトバランス係数(Kr,Kg,Kb)を算出する。さらに、動画像用マトリックスKと静止画像用マトリックスMとに基づき、ホワイトバランス補正係数(Nr,Ng,Nb)を算出し、そして、ホワイトバランス補正係数(Nr,Ng,Nb)と動画像用のホワイトバランス係数(Kr,Kg,Kb)から静止画像用のホワイトバランス係数(Mr,Mg,Mb)を算出する。 (もっと読む)


【課題】内視鏡プロセッサの電源管理をリモートコントロールする。
【解決手段】コントローラと複数のプロセッサをLANケーブルによって接続し、各プロセッサに、プロセッサを起動させる電源を供給する第1電源回路32と、スリープモード状態においてシステムコントロール回路21へ電源を供給する第2電源回路34とを備える。コントローラからプロセッサを起動させるコマンドデータが送信されると、システムコントロール回路21が第1電源回路32をONに切り替える。一方、コントローラからプロセッサ動作を停止させるコマンドデータが送信されると、システムコントロール回路21が第1電源回路32をOFFに切り替える。 (もっと読む)


【課題】一回の演算処理によって、動画像用および静止画像用のホワイトバランス係数を算出する。
【解決手段】ホワイトバランスボタンが操作されると、動画像用のフィールド読み出し方式によって画素信号を読み出し、動画像用マトリックスKによって得られた動画像のR、G、Bの信号に基づき、動画像用のホワイトバランス係数(Kr、Kg、Kb)を算出する。そして、静止画像用のフレーム読み出し方式に従って画素信号を読み出し、静止画像用マトリックスMによって得られた静止画像のR、G、B色信号に基づき、静止画像用のホワイトバランス係数(Mr、Mg、Mb)を算出する。ホワイトバランス処理回路は、通常観察モードにおいては動画像用のホワイトバランス係数(Kr、Kg、Kb)に基づいたホワイトバランス処理を実行し、フリーズ動作時には静止画像用のホワイトバランス係数(Mr、Mg、Mb)に基づいたホワイトバランス処理を実行する。 (もっと読む)


【課題】簡便な方法を用いて板状部材が歪むことなく保持することが可能な板状部材の保持構造を得る。
【解決手段】第1の押さえ部材310には第1の穴及び突起315が設けられる。第2の押さえ部材320は板状部材330を覆う程度の大きさを有し、第2及び第3の穴が設けられる。板状部材330には第4の穴が設けられる。第1の穴と第2の穴にはリベット340が嵌挿されて、係止される。これにより、第1及び第2の押さえ板310、320が密着する。このとき、突起315は第3及び第4の穴と係合する。これにより、板状部材330は第1及び第2の押さえ板310、320の間で位置が固定され、動くことはない。 (もっと読む)


【課題】迅速な光量調整、必要とされる静止画像の獲得等を実現する。
【解決手段】開口部15P1を設けた第1のロータリーシャッタ15A、および開口部15P2を設けた第2のロータリーシャッタ15Bを、対向するように同軸的に配置し所定の速度で回転さえる。第1のロータリーシャッタ15Aを、第2のロータリーシャッタ15Bに対し回転方向へ位相を進ませた状態で回転させ、第1のロータリーシャッタ15Aの回転速度を変化させることによって露光開始タイミングを一定としながら露光終了タイミングを変化させ、全体的開口部MAの領域を変える。 (もっと読む)


【課題】スコープ先端部の熱問題を生じさせることなく、内視鏡作業を煩雑な操作なしで効果的に行う。
【解決手段】被写体像の輝度値Yに基づき、絞りを開閉することによって自動調光処理を実行する(S101)。絞りの全開状態が所定期間T0(30秒)続いた場合、熱防止のため、絞りを所定開度K0まで閉じ、その状態で維持する(S105)。その後、輝度値Yが参照輝度値Y0に達した場合、自動調光処理を再開させる(S106、S107)。 (もっと読む)


61 - 70 / 1,878