ペンタックス株式会社により出願された特許

21 - 30 / 1,878


【課題】ピストンの進退操作が軽く行われて作動性がよく、Oリングが切れる事故が発生し難くて耐久性の優れた内視鏡の操作弁を提供すること。
【解決手段】シリンダ11(21)内に軸線X方向に進退自在に嵌挿配置されたピストン12(22)の外周面に円周溝14が形成されて、シリンダ11(21)の内周面とピストン12(22)の外周面との間の隙間をシールするために円周溝14内に装着された弾力性を有する材料からなるOリング15が、シリンダ11(21)の内周面に当接して押し潰された状態になっている内視鏡の操作弁において、円周溝14の底面14aを、溝幅の中心位置付近が土手側付近より盛り上がった形状に形成した。 (もっと読む)


【課題】使用者が処置具の使用/不使用に関する情報を入力することなく適切な調光を行うことを可能とする電子内視鏡装置を提供する。
【解決手段】処置具挿通チャンネルに処置具が挿通されたかどうかを検出する処置具検出手段と、この検出結果を光源装置に送信する送信手段と、を電子内視鏡が備え、処置具検出手段の検出結果に基づいて電子内視鏡に供給する照明光の光量を調整する光量調整手段を光源装置が備える。好ましくは、処置具検出手段は、処置具挿通チャンネルの遠位端側に設けられている。さらに好ましくは、処置具検出手段は、処置具挿通チャンネルの内壁に設けられたメカニカルスイッチを有し、処置具によってメカニカルスイッチが押圧された時に処置具が挿通されたと判定される。 (もっと読む)


【課題】電気スイッチとスイッチ駆動回転体とを操作部フレームに取り付け、それとは分離して、操作部カバー外から回転操作されてスイッチ駆動回転体を回転させる回転伝達部材を操作部カバー側に設けることで、水密性と組立容易性を確保することができ、しかも、回転操作を常にスムーズに行うことができる電子内視鏡の操作部を提供すること。
【解決手段】操作部フレーム4側に設けられたスイッチ駆動回転体12と操作部カバー3側に設けられた回転伝達部材20との対向部の一方の側に、軸線位置に対して偏心した位置で他方側に向かって突出する係合ピン13が設けられ、他方側に、係合ピン13がスライド自在に係合する係合溝21が軸線に対する周方向以外の方向に向けて細長く設けられ、係合ピン13と係合溝21との係合により回転伝達部材20の回転運動がスイッチ駆動回転体12に伝達されるようにした。 (もっと読む)


【課題】レーザープローブを利用する場合においても、術者の目に大きな負担が掛かることがなく、しかもレーザープローブの先端部の位置を確実に把握できる二眼式立体内視鏡用レーザープローブを提供する。
【解決手段】挿入部12の先端面に、一対の対物レンズLL、LRと、プローブチャンネル20の開口孔18と、を備える二眼式立体内視鏡10のプローブチャンネルに挿脱されるレーザープローブ60において、導光ファイバ61の先端部周面を覆う不透光性被覆材64と、導光ファイバの周面の先端部に連続する部分を覆う透光性被覆材63と、を備える。 (もっと読む)


【課題】利用者毎に製作される人工骨の設計のために必要となる情報の搬送にかかる時間、手間、コストを低減すると共に、設計された人工骨に関する人工骨情報の提供を効率的になし得る人工骨情報管理システムを提供する。
【解決手段】人工骨情報管理システム1は、利用者毎に製作される人工骨の発注情報を医療機関側端末装置200から受信し、発注情報データベース125に格納する発注情報取得部110と、発注情報データベース125から該当する発注情報を抽出し、設計・製作機関側端末装置400へ送信する発注情報出力部111と、設計された人工骨に関する人工骨情報を設計・製作機関側端末装置400から受信し、人工骨情報データベース126に格納する人工骨情報取得部112と、人工骨情報データベース126から該当する人工骨情報を抽出し、医療機関側端末装置200または利用者側端末装置300へ送信する出力処理部とを備え、各情報は、ネットワーク60を通じて送受信される。 (もっと読む)


【課題】所望の反射帯域の整数分の1の波長領域における光の遮断を抑制する赤外カットフィルタを提供する。
【解決手段】基板1と、基板1上に形成された、高屈折率膜H、低屈折率膜L及び中屈折率膜Mからなる多層膜2とを有し、多層膜2において各膜は(LMHM)周期で積層された、又は各膜が(LMHM)周期で積層された部分を有する赤外カットフィルタ。 (もっと読む)


【課題】高精度な診療を行うための資料として好適な、色再現性や解像度がより高い、特にRに対する解像度が高い画像を提供することができる三板式電子内視鏡を提供すること。
【解決手段】三板式電子内視鏡は、被写体からの光をR、G、Bの各成分に分離する色分離手段と、色分離手段により分離された各成分による像に対応する画像信号を出力するR用撮像素子、G用撮像素子、B用撮像素子と、を有し、R用撮像素子の画素数は、B用撮像素子の画素数の整数倍に規定され、G用撮像素子とB用撮像素子の少なくとも一方の光学的位置は、R用撮像素子の光学的位置に対して、画素配列の水平方向または垂直方向の少なくとも一方向にR用撮像素子の1/2画素分だけずれて配設されているような構成にした。 (もっと読む)


【課題】外部から力が加わっても破損が起きにくいOCTプローブを提供することである。
【解決手段】OCTプローブが、金属製の基端パイプ及び樹脂製の先端チューブと略同軸となるように基端パイプの少なくとも先端と先端チューブの基端との間に取り付けられる、基端パイプと前記先端チューブとの中間の剛性を有する中間パイプ部を有する構成として、上記目的を解決した。好ましくは、中間パイプ部の少なくとも基端側の外径を基端パイプの外径より大きく構成し、中間パイプの基端側に基端パイプの少なくとも先端が差し込まれることによって基端パイプと中間パイプ部とが接続される。 (もっと読む)


【課題】間引き出力させた画像信号のモアレの発生を減小させる。
【解決手段】撮像素子はマトリックス状に配置された画素26を有す。ベイヤー方式に応じてカラーフィルタで画素26を覆う。1、2、5、6、9、10行目の画素26から画素信号を出力させる。1、5行1列目の画素信号R1、R5および5、9行1列目の画素信号R5、R9を平均化して平均化画素信号R1’およびR3’を生成する。2、6行2列目の画素信号B2、B6および6、10行2列目の画素信号B6、B10を平均化して平均化画素信号B2’およびB4’を生成する。1行2列目と2行1列目との画素信号G1、G2、2行1列目と5行2列目との画素信号G2、G5、6行1列目と9行2列目との画素信号G6、G9、および9行2列目と10行1列目との画素信号G9、G10を平均化して平均化画素信号G1’、G2’、G3’、およびG4’を生成する。 (もっと読む)


【課題】可視光域から近赤外域まで良好に諸収差が補正され、4枚構成で貼合せレンズを含まず、画角が70゜を超える安価な広角レンズ系を得る。
【解決手段】物体側から順に、物体側に凸面を向けた負メニスカスレンズの第1レンズ、正のパワーを持つ第2レンズ、両凸レンズの第3レンズ、像側に凸面を向けた負メニスカスレンズの第4レンズから構成され、次の条件式(1)を満足することを特徴とする広角レンズ系。
(1)0.25<ΔH/(p3+p4)<0.06
但し、
ΔH:全系の焦点距離を1.0に規格化したときの第3レンズの第2主点と第4レンズの第1主点との距離;
p3:全系の焦点距離を1.0に規格化したときの第3レンズのパワー;
f3:全系の焦点距離を1.0に規格化したときの第3レンズの焦点距離(p3=1/f3);
p4:全系の焦点距離を1.0に規格化したときの第4レンズのパワー;及び
f4:全系の焦点距離を1.0に規格化したときの第4レンズの焦点距離(p4 =1/f4)。 (もっと読む)


21 - 30 / 1,878