アサヒグループホールディングス株式会社により出願された特許

41 - 50 / 535


【課題】優れたレクチン様酸化LDL受容体阻害作用を有する化合物を同定し、レクチン様酸化LDL受容体が増悪因子として働く疾患、特に動脈硬化性疾患の治療・予防に有用な医薬品の提供。
【解決手段】3量体以上のプロシアニジンを有効成分とすることを特徴とするレクチン様酸化LDL受容体阻害用医薬品、前記プロシアニジンがリンゴ、ブドウ種子、ピーナッツ渋皮、及び松樹皮からなる群より選択される植物に由来することを特徴とする前記記載のレクチン様酸化LDL受容体阻害用医薬品、及び、有効成分として3量体以上のプロシアニジンを含み、レクチン様酸化LDL受容体阻害作用を有することを特徴とする動脈硬化予防医薬品。 (もっと読む)


【課題】厚紙製の缶ホルダーを人手にて簡単に組み起こしし四缶の飲料缶を安定的に一まとめできるようにし、スーパーやコンビニエンスストアなどの一般店舗側で必要に応じて四缶まとまりの缶飲料商品を提供できるようにする。
【解決手段】飲料缶などの缶体二缶を並べてなる二缶組みを二つ並べて縦と横とに前記缶体が二缶ずつ並らんだ形態となる缶集合物を支持可能な缶ホルダーであり、缶集合物外周を縦周りに周回する形状とした帯部2と、帯部2における天面板4と底面板6との距離を維持し、缶集合物を缶組みごとに分ける仕切り部3とを備えて、帯部2の側面板5と仕切り部3とが同一方向に倒れ込む帯部扁平形態からの組み起こしで仕切り部3を引き起こし可能に設けた。 (もっと読む)


【課題】熱交換器から与えられる時間あたりの熱量を時系列に比率をもって与えながら、安定的かつ正確に制御する煮沸装置を提供する。
【解決手段】内部に配置された熱交換器20によって麦汁12を煮沸する煮沸釜10と、熱交換器20に蒸気を供給する供給ライン90に介挿され、供給ライン90を通して熱交換器20に供給される蒸気の温度を測定する第1温度計30と、熱交換器20から蒸気または蒸気が凝縮した水を排出する排出ライン100に介挿され、排出ライン100を通して熱交換器20から排出される蒸気または水の温度を測定する第2温度計40と、演算器120で算出される熱量設定値と温度計30で測定される第1の温度と温度計40で測定される第2の温度とに基づき蒸気流量設定値を演算し、この設定値により供給ライン90を通る蒸気流量を調節して熱交換器10に供給される時間あたりの熱量を制御する制御器110aとを備える。 (もっと読む)


【課題】できるだけ少量の結合剤を用いて、圧縮成形性に劣る粉末状の機能性物質から高い硬度の錠剤を得ること。
【解決手段】圧縮成形性に劣る粉末状の機能性物質に対し、微細化された造粒用結合剤を均一に付着させる工程;及び造粒用結合剤を付着させた機能性物質の粒子同士を接触させることにより造粒を行う工程;を包含し、両工程は同時に行われてもよい、顆粒の製造方法であって、該造粒用結合剤が水溶性セルロース誘導体である顆粒の製造方法。 (もっと読む)


【課題】本発明はオイル浮きを起こさないオイル香料を含有するアルコール飲料の製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、オイル香料を含有するアルコール飲料の製造方法において、シロップを調合する前に、予め界面活性剤を添加したオイル香料を、高濃度含水エタノールに添加することを特徴とする、オイル香料を含有するアルコール飲料の製造方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】
ビール樽等の貯蔵容器が空になった場合やビール樽等の貯蔵容器を交換した後の初期状態で発生する泡等を早期かつ正確に検知し、かつメンテナンス容易な手段で排出すること。
【解決手段】
流体を供給及び/または排出する流体分配システムであって、供給管路開閉手段が管路の一部を屈曲させた屈曲部を形成することにより流体の流れを遮断する開閉手段であり、かつ、制御手段は検知手段により検知された内容を取得し、取得内容により流体を液体と液体以外の流体とに分類する判断を行い、判断結果に基づいて液体について供給管路を通じて注出口に分配し、液体以外の流体について排出管路に分配する。
(もっと読む)


【課題】複数の搬送用コンベアを連結して構成された搬送ライン上にて搬送される飲料用容器に対して、搬送の際に付加される振動レベルを測定して、測定された振動データに基づいて搬送ラインにおける問題箇所を容易に特定可能とする。
【解決手段】搬送ライン上にて搬送される複数の飲料用容器と実質的に同じ形状の外殻を有する容器本体と、容器本体の内側に固定された振動検出用センサおよび振動検出用センサにより測定された振動データを記憶するデータ記憶部とを備える飲料用容器型振動測定装置を、搬送ラインにて搬送させ、搬送の際に容器本体に付加される振動を振動検出用センサにより測定するとともに、測定された振動データを搬送位置の情報と関連付けてデータ記憶部に記憶させる。 (もっと読む)


【課題】シャフトに回転部材であるギヤ又はプーリーを簡単に取り付ける方法を提供する。
【解決手段】シャフト10の軸方向と雄ねじ20の軸方向とが一致するようにシャフト10に対して雄ねじ20を固定する工程と、回転部材30の穴を雄ねじ20が貫通するように回転部材30を配置する工程と、押圧部材40の穴42を雄ねじ20が貫通するように押圧部材40を配置する工程と、スラストベアリング50の穴を雄ねじ20が貫通するようにスラストベアリング50を配置する工程と、雌ねじ62を有する操作部60の雌ねじ62を雄ねじ20に螺合させる工程と、操作部60が前記シャフト10に近づく方向に操作部60を回転させ、これにより操作部60によってスラストベアリング50および押圧部材40を介して回転部材30を押し進めてシャフト10に回転部材30を取り付ける工程とを含む。 (もっと読む)


【課題】ワークの滑りや移動の防止に有効なバイスを提供する。
【解決手段】バイス110は、ワーク台10に底面22が接触した状態でワーク台10に固定される基台20と、対向して配置され互いの間隔を調整可能な第1顎30および第2顎40とを有する。第1顎30、第2顎40には、それぞれ第1プレート36、第2プレート46が固定されていて、第1プレート36および第2プレート46によってワーク50が把持される。第1プレート36および第2プレート46は、基台20の底面22に平行な水平保持面36a、46aおよび底面22に垂直な鉛直保持面36b、46bを有し、ワーク50は、水平保持面36a、46aによって鉛直方向の位置が規制され、鉛直保持面36b、46bによって水平方向の位置が規制される。 (もっと読む)


【課題】物品あるいは包装品が異常品であるかどうかを簡単な構成で判定する。
【解決手段】物品を検査する検査装置INSPは、物品10を搬送路22に沿って搬送する搬送機構と、前記搬送機構によって搬送されている物品10が異常品であるかどうかを判定する判定部40とを備える。判定部40は、搬送路22を横切る光軸36、38を有する第1、第2フォトインタラプタ32、34を含み、第1、第2フォトインタラプタ32、34の光軸36、38が同時に物品10によって遮られる期間があるときに、当該物品10をその幅が規定幅を超えている異常品であると判定する。 (もっと読む)


41 - 50 / 535