岩崎電気株式会社により出願された特許

21 - 30 / 533


【課題】口金の近傍からランプ内に水が侵入することを防止できるようにする。
【解決手段】複数のLED15が取付けられるベース板13と、ベース板13から延び先端に口金3が設けられた絶縁筒部10と、を備え、複数のLED15に電気を供給するリード線21A,21Bを絶縁筒部10の内部を通して口金3に接続したLEDランプ1において、絶縁筒部10の先端を袋部120とし、前記先端の外周に口金3が係止する終端10Aを備え、終端10Aよりも外方に前記先端の袋部120を突出させ、突出させた袋部120の突出部122A,122Bにリード線21A,21Bが貫通する配線孔125A,125Bを備えた。 (もっと読む)


【課題】下方を照らすように設置されたランプがソケットから抜けた際のランプの振れを抑えることができるランプを提供すること。
【解決手段】LED15を実装したLED基板16、及び当該LED基板16を載置した平板部たるベース板13を有する発光部12と、前記発光部12のベース板13の裏面から延びて終端に口金3が設けられた筒状部2とを備えたLEDランプ1において、落下防止用ワイヤ131が接続される接続部たる支持孔134を備え、前記支持孔134を、前記発光部12から前記口金3の間で、自重重心位置Gxより前記口金3に近い位置に設けた。 (もっと読む)


【課題】高い放熱性能が得られるランプを提供すること。
【解決手段】LED15を実装したLED基板16と、当該LED基板16を載置した平板部としてのベース板13と、前記ベース板13の裏面13Aから延びて終端に口金3が設けられ内部に電気回路基板8が収められた筒状部2と、を備えたLEDランプ1において、前記ベース板13の裏面13Aに、前記筒状部2を中心に放射状に、前記筒状部2と隙間を空けて当該筒状部2に沿って延びる複数の放熱フィン25を備え、少なくとも2つの前記放熱フィン25の筒状部2側の端部同士を連結し、前記筒状部2との間に気流経路Fを形成する連結部105を設けた。 (もっと読む)


【課題】発光素子取付け部の底面に形成される複数の放熱フィンを備えるランプにおいて、放熱フィンの強度及び取付け部の放熱性を確保しつつ、発光素子取付け部の平面度を確保し、効率良く放熱できるようにする。
【解決手段】複数の発光素子が取付けられるベース板13と、ベース板13の中心から直交して延び先端に口金が設けられた筒状部2と、筒状部2を挟んでベース板13の裏面13Aに形成される複数の放熱フィン25とを備えるLEDランプにおいて、ベース板13と放熱フィン25とを一体成形し、ベース板13及び放熱フィン25の厚さをベース板13の内周から外周に向けて漸次薄くなるよう形成した。 (もっと読む)


【課題】ランプの落下を簡単な構造で防止できるようにする。
【解決手段】複数の発光素子が取付けられるベース板13と、ベース板13から延び先端に口金3が設けられた筒状部2と、ベース板13に形成される複数の放熱フィン25とを備えるLEDランプ1において、二つの放熱フィン25,25の間にピン130を掛け渡し、ピン130に落下防止用ワイヤ131を接続した。 (もっと読む)


【課題】ランプの落下を簡単な構造で防止できるようにする。
【解決手段】LED15を実装したLED基板16と、当該LED基板16を載置した平板部としてのベース板13と、前記ベース板13の裏面13Aから延びて終端にソケット65に螺合する口金3が設けられた筒状部2とを備え、前記ソケット65に繋ぎ止める機能を有した防水パッキン230を前記筒状部2の外周面に装着したLEDランプ1において、前記筒状部2の外周面が前記口金3の側にかけて細くなるテーパ面形状に形成され、前記筒状部2の外周面には前記防水パッキン230と係合する構造を有した係合構造部としての凸部232を備える。 (もっと読む)


【課題】高ワットランプについて、フリッカ抑制のための電流波形制御を行う高圧放電灯点灯装置を提供する。
【解決手段】定格電力200〜330Wの高圧放電灯に交流電流を供給する電力供給回路、ランプ電圧を検出する検出回路、及び検出ランプ電圧に基づいて電力供給回路の出力電流波形を制御する制御部を備えた高圧放電灯点灯装置において、交流電流1ユニットが、周波数f1でmサイクル継続する電流部分I1及び周波数f2でnサイクル継続する矩形波の電流部分I2からなり、電流部分I1の半サイクルは、半サイクルの矩形波からなるベース電流部分Ib及び高周波のピーク電流部分Ipからなり、ピーク電流部分は直前のベース電流部分と同極性側の半サイクルの電流ピーク値がベース電流部分よりも高く、制御部が、検出ランプ電圧の上昇に対して電流部分I2の継続時間n/f2の比率を高くするように電力供給回路を制御する構成とした。 (もっと読む)


【課題】スペーサを用いずに、反射鏡の反射面に対する発光素子の位置を容易に調整できる光源装置を提供すること。
【解決手段】反射鏡8の反射面8Aの光軸K上の焦点位置FにLED6をフレーム12で支持した光源装置1において、前記フレーム12は、前記LED6が取り付けられたLED取付支柱20と、前記反射面8Aの光軸K上で前記LED取付支柱20を支持するアーム18と、を備え、前記LED取付支柱20を前記アーム18に前記光軸Kに沿って挿入自在に設け、前記LED取付支柱20の挿入量により前記反射面8Aからの前記LED6の距離を調整可能にした。 (もっと読む)


【課題】光源に近い位置に照射面を設定して照度を高めつつ当該照射面で高い均斉度を実現できる照射装置を提供すること。
【解決手段】光源ユニット3と、前記光源ユニット3が基端4Aに配置され先端開口4Cに照射面が設定される補助反射ユニット4と、を備え、前記補助反射ユニット4は、多角錐台状の反射面65を有する第1反射鏡60と、前記第1反射鏡60の先端60Aに連続して前記先端開口4Cを形成する円筒状の反射面66を有する第2反射鏡61と、を備える照射装置1を構成した。 (もっと読む)


【課題】フラッシュランプに黒化現象が生じた場合でも、照度の低下を防止できる照射装置を提供すること。
【解決手段】希ガスを封入した発光管20内に陽極13、陰極14が配置されたフラッシュランプ11と、当該フラッシュランプ11を包囲する反射板12と、を備える照射装置1において、前記フラッシュランプ11の前記発光管20の両側の端部26、27が前記反射板12の外側に位置し、前記反射板12の外側に位置する箇所に前記陽極13、陰極14を配置する構成とした。 (もっと読む)


21 - 30 / 533