伊藤忠商事株式会社により出願された特許

31 - 40 / 43


【課題】 操作性に優れたガイドワイヤであって、屈曲角度の制御および屈曲操作を繰り返す場合のガイドワイヤの反応性が改良され、構造が簡単で細径化が可能なガイドワイヤを提供する。
【解決手段】 金属製の芯線1と、該芯線1の外側に配置された少なくとも一つの導電体2と、該芯線1と導電体2とを覆うように設けられた可撓性部材3とを有するガイドワイヤであって、
前記導電体2は少なくとも50モル%のピロール単位を有するピロール系高分子からなり、
前記芯線1と導電体2とは先端部で接続され、かつ選択された少なくとも一つの導電体2の基端部と芯線1の基端部とが電源要素4を介して接続されうるガイドワイヤ。 (もっと読む)


【課題】特にスポーツ用/スポーティな衣料などに適した、軽量で強ばりが少なく嵩張らず保温効果が高いという点では従来の羽毛製品に匹敵し、しかも遠赤外線効果の高い羽毛製品を提供する。
【解決手段】遠赤外線効果の高い素材の粉末を羽毛の内部の顕微鏡的構造の枝に付着させてある羽毛を含み、好ましくは粉末のサイズが概ね10nm〜1μmの範囲にあり、好ましくは粉末を水溶コロイド化してコロイド液を形成し、羽毛を浸漬した後乾燥させることにより羽毛に付着させ、好ましくは粉末が主に炭酸カルシウム又は主にサンゴであり、好ましくはコロイド液の形成の際、粉末を脂肪酸などの有機物で被覆しコロイド性炭酸カルシウムとし、好ましくは素材の粉末化、又は粉末化の最終段階とコロイド化をコロイドミルにより行う。 (もっと読む)


【課題】 繊維を一方向に引き揃え配列したプリプレグシートを隙間無く並べ、それらを積層した多軸多層補強シートの製造方法及び製造装置を提供する。
【解決手段】 一方向に引き揃え配列した繊維を有するプリプレグシート5を搬送路2に挿入し、プリプレグシート5を裁断し、搬送路2に積層する第1のプリプレグシート積層装置50と、積層されたプリプレグシート5を、搬送路2に沿って搬送する搬送装置20とを有し、搬送装置20は、プリプレグシート5が積層される度に、積層されたプリプレグシート5を長さLだけ搬送し、またプリプレグシート5の幅Wが、プリプレグシート5の搬送方向と搬送路2に挿入されるプリプレグシート5の長手方向のなす角をθとしたとき、
W=L・sin|θ| ただし、0°<|θ|<180°
の関係を満たすような多軸多層補強シートの製造装置100。 (もっと読む)


【課題】 湿度調節などの水分の調整、有害物質の除去、吸着される物質の貯蔵及び乾燥剤などに利用可能な多孔質無機材料、及びこの材料を利用した吸着剤、除湿ロータ及び空調装置を提供する。
【解決手段】 非晶質アルミニウムケイ酸塩であって、2nm以上6nm以下の範囲の半径を有する第1の細孔を有し、第1の細孔が単位質量あたりに占める容積が、0.6cm3/g以上4.0cm3/g以下であることを特徴とするものである。また、この非晶質アルミニウムケイ酸塩を吸着剤として用い、さらに空調装置の除湿ロータに含ませる。 (もっと読む)


【課題】 繊維基材としてポリ乳酸繊維を用いていながらも、インクジェット印刷において、画像鮮明性、耐水性、耐候性及び発色性に優れたインクジェット用被記録材を提供する。
【解決手段】 インクジェット用被記録材を、少なくともポリ乳酸繊維を含有した繊維基材に、水性エマルジョン型アクリル系粘着剤と水溶性カチオンポリマーとを主成分とするインク受容層を備えたものとし、水性エマルジョン型アクリル系粘着剤をガラス転移温度が−50℃〜−10℃の範囲内のものとする。 (もっと読む)


【課題】 すっきりとした美しい外観となるスラックスを提供することを目的とする。
【解決手段】 裏地11は左側身頃布地11Lと右側身頃布地11Rの2つの部材からなり、これらがそれぞれ伸縮性を有する1枚布で構成されている。裏地11の縫着箇所は、ウエストの周部分14g,15g、ファスナー取付け部分14a,15a、ファスナー取付け部分の下の正面中央線14b,15b、背面中央線14f,15f、内股線14c,14e,15c,15eのみであり、ダーツや布地を重ね付けした部分は存在しない。従って裏地11に凹凸が殆どなく、外観がすっきりする。また裏地11によって身体を適度に締め付け多少体形の矯正が可能である。 (もっと読む)


【目的】一対の軸部と、該一対の軸部へ線対称に連結されるフラッグ素子と、を実質的に同一平面上に配置してなるアンテナの利得を向上させる。
【構成】当該アンテナにおいての軸部へ連結されるフラッグ素子の数を6〜12とする。フラッグ素子の形状は軸部と平行な第1の辺と軸部に垂直な第2の辺とを有する長方形とし、第2の辺の長さを前記第1の辺の長さの約3倍とする。 (もっと読む)


【課題】 貯蔵効率及び搬送効率が高いバイオマス燃料を提供する。
【解決手段】 椰子殻1を加熱等により炭化させ(S1)、粉砕機等で微粉化することにより(S2)、固体物2を製造し、この固体物2とパーム油残渣物3とを撹拌混合機等で混合することにより(S3)、スラリ状のバイオマス燃料4が得られる。 (もっと読む)


本発明は、農産物又は加工食品の原料となる農産物の農薬散布に関する履歴(トレーサビリィティー)管理を行うことができる履歴管理システムを提供することを目的とする。加工食品の履歴管理方法においては、管理サーバはオーダー番号、農地番号、農地に散布された農薬、及びロッド番号とが関連付けられて記憶されているデータベースを有し、ロッド番号を入力し、ロッド番号を利用してデータベースに基づいて加工食品の原材料となった農産物のオーダー番号を特定し、オーダー番号を利用してデータベースに基づいて農産物が栽培された農地の農地番号を特定し、農地番号を利用してデータベースに基づいて農地に散布された農薬を特定することを特徴とする。加工食品のロッド番号から、加工食品の原材料となった農産物が栽培された農地の農薬散布に関する情報を特定するものである。
(もっと読む)


目的は、電気導電性やイオン導電性が良い集電構造体及び電極構造体を得ることにあり、この構成は、集電用基板と、集電用基板上にバインダを使用することなく、形成された炭素材又は電極活物質とを備えている集電構造体又は電極構造体にある。 (もっと読む)


31 - 40 / 43